児童養護施設「杉並学園」へ、リユースPCを寄贈いたしました – 株式会社ゲットイット

NEWS RELEASE

2021年09月15日
NEWS RELEASE

ゲットイットでは、CSR活動の一環として、リユースPCの寄贈活動に取り組んでいます。
この度、児童養護施設「杉並学園」へ、2台のリユースPCを寄贈いたしました。

リユースPCは、子どもたちが学校の課題に取り組む際などに活用される予定です。

 

児童養護施設「杉並学園」へ、リユースPCを寄贈

出荷に携わった弊社社員と、PCを開梱した杉並学園の職員の方々。リユースPCを必要としている慈善団体などが身近にないか、全社員への呼びかけを行ったところ、ある社員より杉並学園を紹介され、今回の寄贈へと繋がりました。リユースPCが少しでも子どもたちの役に立つことを願っています。

 

 

杉並学園について

2023年に創立90周年を迎える杉並学園は、昭和8年(1933年)に浄土宗新光明寺住職の森芳俊・照子夫妻が保護者を失った子どもたちのために私設の保護を開始したことから始まりました。昭和23年に児童福祉法による養護施設として認可され、仏教精神(三宝帰依の明るく、正しく、仲良くを基本に、共生の意義を会得する)に基づき、戦災孤児や、その後の平和な時代にあっても、保護者のいない児童や、その他環境上保護を必要とする児童を養護しその自立を支援してきました。設立から今日に至るまで、杉並区宮前の地で、地域に根ざした施設として運営しています。

現在、概ね3歳から18歳までの子どもたち(定員32名)が、将来自立した社会人になることを目指し、グループホーム(4ヶ所)や本園(小グループ1ヶ所)に分かれ、地域に支えられながら家庭的な生活を送っています。卒園者に対する支援も大切にしており、「杉並学園自立応援事業」として「自立応援金」の支給も行っています。(杉並学園自立応援金について詳しくはこちら)

 

名称    :社会福祉法人光明会杉並学園
所在地   :東京都杉並区宮前 3丁目10番 8号
ホームページ:http://sugigaku.web.fc2.com/index.html

 

 

 

ゲットイットのリユースPC寄贈活動について

弊社では、企業の社会的責任(CSR)を強く認識し、2014年より、慈善団体を通じて途上国へのリユースPCの寄贈活動を行っております。また、2019年度からは国内団体への支援もスタートさせました。寄贈先の団体は、社員づての紹介や、かつて社員がボランティアで参加した団体など、「縁」のある団体と関係を築き、「細く長く」を心がけて活動を行っております。

2020年は、コロナ禍による休校の影響によって、多くの児童生徒がPCなどを使用して自宅自習を行う必要が生じました。このため、例えば学習支援系NPOや児童養護施設など、教育と密接な関わりのある慈善団体からのPC寄贈依頼が例年よりも多く寄せられました。2021年度も、引き続き、寄贈活動を継続していきます。

寄贈用に十分なスペックを有するノートPCを無償でご提供いただける企業様がありましたら、ゲットイットにて「データ消去」「クリーニング」「Microsoft社による慈善団体用シチズンシップライセンスの取得とWindows 10のインストール」を行い、共同名義で慈善団体への寄贈を行うことも可能です。ぜひご連絡ください。

なお、寄贈に適したPCの基準などもございます。
詳しくは「リユースPC寄贈活動 2020年度 活動報告」下部の案内をご覧ください。

「リユースPC寄贈活動」2020年度 活動報告

 

●本件に関するお問い合わせ
担当者 :川澄 (カワスミ)
電話番号:03-5166-0900

お問い合わせ