2022年11月07日
製造業のコストカットを実現し、DXを推進する「第三者保守」

製造業のコストカットを実現し、DXを推進する「第三者保守」

 

企業が古くなったハードウェアを維持する背景には、さまざまな理由があります。製造業の場合、製造現場で使うシステムの都合でサーバーをリプレイスできないことや、セキュリティの問題でクラウドに移行できず、やむを得ず古いサーバー(レガシーサーバー)を使い続けることもあるでしょう。

課題として、レガシーサーバーを維持するにはコストが掛かります。企業がDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進する上で、既存システムの保守費削減は不可欠ですが、「レガシーサーバーの維持コスト増加」に悩む製造業の方は多いのではないでしょうか。

本課題の解決策になるのが「第三者保守」の活用です。本記事では、レガシーサーバーの運用課題を解決し、「コストカット」と「DX推進」に役立つ第三者保守について紹介します。

製造業のDX推進を妨げるレガシーサーバーの課題

製造業のDX推進を妨げるレガシーサーバーの課題

古くなったサーバーをリプレイスし、コストカットを進める上で「クラウドの利用」は有効な手段です。しかし、クラウド利用が普及した現在でも、製造業の多くの企業は自社でサーバーを保有し運用する「オンプレミス」を採用しています。

製造業がオンプレミスで利用するサーバーとして、「ファイルサーバー」や「メールサーバー」のほか、自社開発したシステムを稼働させる「アプリケーションサーバー」が挙げられます。生産性向上が必要不可欠な製造業では、業務効率化を図るため「自社独自のシステム」を構築し、運用するケースが数多く見られます。

製造業の特徴として、これらサーバーの使用期間が長くなりがちです。一般的にサーバーのメーカー保守期間は「5年から7年程度」ですが、ゆうに本年数を超えて「10年以上も同じオンプレミスのサーバーを使う」ケースも少なくありません。

このようにサーバー利用が長期化する背景には、「製造業に共通する課題」が関係しています。

 

課題①製造業の「クラウド利用の壁」

製造業の多くの企業は、オンプレミスのサーバーをクラウドへ移行するリスクを不安視しています。たとえば、製造業の要である工場でネットワークトラブルが発生した場合、その影響で生産が停止する「ダウンタイム」が起きてしまうと、製造業にとって致命的なダメージになります。

また、ある製造業の企業がワークステーションで部品の設計を行い、設計した3D-CAD図面をファイルサーバーで管理していたとします。

図面データは企業にとっての「財産」であり、機密性がもっとも重視されます。仮に、保管する図面データが流出してしまった場合、流出させた企業の信用は大きく失墜し、取引先との関係や企業活動に深刻な影響を及ぼします。

いくら世の中にクラウドが浸透し、安全といわれても、機密性の高いデータを手元で管理したいと考える企業は多いでしょう。そのため製造業の多くの企業は、「ダウンタイムリスクの懸念」や「機密性の高いデータ管理」を考慮し、オンプレミスのサーバーを利用する比率が高いのです。

 

課題②サーバーリプレイスを阻む「アプリケーションサーバーや産業用システム」

サーバーの入れ替え作業は、クライアント端末の入れ替えと比べ、手間も時間もコストも掛かります。特に製造業にとって、「自社開発システムを稼働させるアプリケーションサーバー」や「製造現場で利用する産業用システム」のリプレイスは悩みの種でしょう。

アプリケーションサーバーをリプレイスする場合、「OSバージョン変更」や「ハードウェア変更」に伴う自社開発システムの互換性を担保するため、さまざまな確認や対応が必要になります。また、製造現場で利用する「産業用システム」も同様の対応が必要です。

製造設備の制御や生産ラインのデータ確認で利用する産業用システムは、製造ラインと密接に関係しているため、リプレイスは容易ではありません。利用システムが古くなればなるほど、仕様確認や改修作業には「大きなコスト」が掛かります。

これらのコストがネックとなり、製造業の現場ではサーバーリプレイスに延々と手を付けられず、同じサーバーやシステムを10年以上も利用し続けるケースは珍しくありません。そして長年利用し続けるうちに、対象サーバーの保守切れ(EOSL)を引き起こしてしまうのです。

古くなったサーバーを使い続けることで、サーバー維持に掛かる保守費は年々増加することに。このようなレガシーサーバーの保守費増大が、「製造業のDX推進の足枷」になっています。

レガシーサーバーを救う「第三者保守」という解決策

レガシーサーバーを救う「第三者保守」という解決策

製造業が抱える「レガシーサーバー保守費増大」の解決策となるのが、「第三者保守」です。第三者保守は、導入から三年以上経過し安定稼働しているサーバーやストレージ、ネットワーク機器などのハードウェアを「メーカー以外の第三者が保守するサービス」になります。

企業のシステムを支えるサーバーやネットワーク機器は、メーカーの保守サポートを受けるのが一般的です。一方でメーカー保守の課題として、製品の販売ライフサイクルの都合上、「保守サポートが可能な期限」が設定されています。

メーカーの保守期限切れ(EOSL)を迎えると、故障や不具合が発生した際に、メーカーから適切な修理やメンテナンスが受けられなくなります。そのため、EOSLを迎える前にハードウェアのリプレイスを行うのが理想です。しかし製造業の場合、上記に述べたクラウド移行課題やアプリケーションサーバーの問題が、リプレイスの妨げになっています。

第三者保守は、このようなEOSLを迎えたサーバーの故障や不具合に対し、メーカーに成り代わって保守対応を行います。信頼できる第三者保守サービス会社を選ぶことで、安全かつ安価にレガシーサーバーを使い続けることができるのです。

コストカットを実現し、DXを推進する第三者保守

コストカットを実現し、DXを推進する第三者保守

製造業の企業が第三者保守を有効活用することで、戦略的にサーバーリプレイスやシステム更改を延命し、リプレイスにかかる「コスト」と「リソース」を削減できます。そして、レガシーサーバー維持経費の削減により「新たなIT投資の原資」を生み出します。

生み出した原資は、新しい技術に対応するための開発や人材育成など、「企業のDX推進」に役立つ成長ビジネスへ投資。このようにコスト削減とIT投資のサイクルを廻し、ビジネス強化を図っていくのが「第三者保守を活用したDX戦略」です。

第三者保守は、レガシーサーバーで稼働中のシステムが「将来停止することが決まっており、追加投資を避けたい」「将来的にクラウド移行も考えている」場合に、特に有効です。ユーザーの意思でITシステムの利用期間を制御でき、システム維持管理のコスト負担を軽減します。

レガシーサーバーを維持しつつ、「安全性の確保」や「コストカット」を実現したい企業にとって、第三者保守が「製造業のレガシーサーバーを救う解決策」になります。

第三者保守は「頼れるパートナー選び」が最重要

ゲットイットは主要メーカーから希少機種まで、幅広い保守部材を大量にストックしているため、様々な保守オーダーに対応できる「調達力」と「技術力」があります。

また、お客さまの抱える課題や運用状況をヒアリングし、「オーダーメイドの保守サービス」を提供します。保守は24時間365日、全国どこでも対応可能。当社の技術者が機器の設置場所に駆けつけ、故障パーツの交換・修理を実施。システムダウンを最小限に食い止めることができます。

第三者保守を活用して「コストカット」や「DX推進」を実現したい製造業の企業様は、ぜひゲットイットにご相談ください。何よりもお客さまを優先し、お客さまの課題を一緒に解決いたします。

第三者保守の3大メリット