メーカーに「難しい」と言われた保守は可能? – EOSL保守事例 – 株式会社ゲットイット

EOSL保守(第三者保守)導入事例

2020年12月17日
EOSL保守(第三者保守)導入事例
お客さま業種
サービス業
メーカー
HITACHI / 日立
対象機器
HA8000/RS210AM1、BS520H A1、BS500 A1、BR1200、HUS150
保守内容
平日9-17時 オンサイト保守
保守期間
16ヶ月
設置場所
東京都

◆ゲットイットへのお問い合わせの経緯

EOSLを迎えたシステムを更改まで数年間延命したいが、メーカー保守が高額かつ1年延出来ない為、お問い合わせ頂きました。

◆ゲットイットを利用する前に心配された点

メーカーより「対象機器の保守、部材調達は第三者保守では困難」と言われていた為、保守の可否、部材調達の可否を心配されていました。

◆ゲットイットの保守対応

保守自体は弊社で可能でしたがHITACHの中でも調達難易度の高い物だった為、リードタイムを長めに頂く事により、部材の確保を行いました。柔軟な保守期間や見積依頼に対する迅速な対応をご評価頂き、弊社をお選び頂きました。ハードウェアでお困りのことがあれば、まずはゲットイットまでお気軽にご相談ください。

ゲットイットのIT機器保守

ゲットイットでは、EOSL,第三者保守サービスを提供しています。
お気軽にお問い合わせください。