「働きがいのある会社ランキング」(GPTWジャパン Best Workplaces Award 2021)に入賞しました – 株式会社ゲットイット

NEWS RELEASE

2021年02月17日
NEWS RELEASE

株式会社ゲットイットは、Great Place to Work® Institute Japan(以下、GPTWジャパン)発表の「働きがいのある会社ランキング」にて、ベストカンパニー(ランキング入り企業)として選出されました。
 
2021年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング
小規模部門(従業員25~99人) 第43位 (初選出)
Great Place to Work® Institute Japan
GPTWジャパン ランキング入りに当たっての取り組みポイントのカテゴリ:コロナ対応
 

弊社 コメント

この度の入賞については、2020年に弊社において導入した、社員の生産性・満足度をアップさせる各種コロナ対策(※)が高く評価された結果と考えております。
弊社では、コロナ禍を機に、感染防止策として、会社近隣への引越しを奨励する引越し手当、在宅勤務と在宅手当、11時から14時をコアタイムとするフレックス制度の導入に踏み切りました。これらの制度はコロナ対策にとどまらず、兼ねてから要望のあった自由度の高い働き方を可能にする施策として、社員の生産性や満足度の向上にも繋がりました。
コロナ禍の苦しい時期ではありますが、より良い会社作りのため、今後も漸進して参ります。
※コロナを契機とした各種取組みについては「ゲットイットにおける、コロナを契機とした取組み一覧」をご参照ください。
https://www.get-it.ne.jp/index.php/archives/16216
 

「働きがいのある会社ランキング」スコアシートの活用

本ランキングの参加企業には、主催者のGPTWジャパンより、従業員向けアンケートの回答結果のをまとめたスコアシートが提供されます。スコアシートでは、各質問項目に対する回答の統計データとして、雇用形態、性別、年齢などに応じた回答の平均値や、他の「ベストカンパニー」の平均値と比較した場合の「強み」「弱み」が提示されます。
弊社では、主催者より提供されたスコアシートを全社員で共有し、複数回にわたりグループディスカッションを行いました。出された意見などを元に、今後、社内制度の改善を進めて参ります。
 

アンケート結果から読み解く、弊社の「強み」

弊社では、「全社員が経営に参加する」ことを重要な企業文化と捉えています。アンケート結果では、社員の97%が「仕事や職場環境に関する意思決定への従業員の参画」ができる環境であると回答しており、ベストカンパニーの平均値を大きく上回る結果となりました。
ワークライフバランスに関連した各項目のスコアも高く、社員の89%が「必要なときに休暇がとれる」と回答するなど、「働きやすさ」も相対的な弊社の強みの一つと言えるようです。
また、弊社では2020年、「多様性」推進の一環としてLGBT研修などを行いましたが、結果、社員の92%が、各個人が「性的指向に関わりなく正当に扱われている」と回答するなど、インクルーシブな企業文化に関連する項目においても相対的に高い数値となりました。
 

「弱み/課題」

アンケートの結果、「研修や能力開発の機会」が十分であると感じる社員の数が、ベストカンパニー平均値と比較して相対的に少ないことが分かりました。また、人員配置や昇進など、人事に関連した項目についても、平均値を下回る項目が複数見受けられました。
弊社は、日本においてはまだまだ少数派である、自律分散型の組織形態をとっておりますが、研修制度・人事制度は試行錯誤の真っ只中であり、今後、社員の意見を十分に汲み取りながら、制度を整えていく必要があることが、今回のアンケート結果からも明らかとなりました。
 

GPTWジャパン 「働きがいのある会社」ランキングとは?

Great Place to Work Institute Japan(GPTWジャパン)はランキング参加企業のアンケート結果を点数化し、一定レベルを超えた会社を「働きがいのある会社」として発表しています。アンケートは従業員向けと企業向けの2種類で構成されており、GPTWジャパンと外部有識者からなる委員会が精読し点数をつけ、ランキングを決定しています。アンケート項目と評価基準はグローバル共通です。ランキングはエントリー方式で、25名以上の法人が参加できます。2021年版では、462社が参加し、160社がベストカンパニーとして選出されました。
詳細は公式WEBサイトをご確認ください。
https://hatarakigai.info/
GPTWジャパン 「働きがいのある会社」ランキング
 
本件に関するプレスお問い合わせ
担当者 : 川澄(カワスミ)
メール :
電話番号:03-5166-0900