「リユースPC寄贈活動」2020年度 活動報告 – 株式会社ゲットイット

NEWS RELEASE

2021年05月27日
NEWS RELEASE

「リユースPC寄贈活動」2020年度 活動報告

 

株式会社ゲットイットは、2020年度、「リユースPC寄贈活動」として、児童養護施設「世光寮」、および「認定NPO法人D×P」の計2つの慈善団体へリユースPC計61台の寄贈を行いました。

 
 

一斉休校の影響により、子どもたちのためのPCが不足

2020年度は、コロナ禍による臨時休校の影響により、多くの児童生徒が自宅学習を行う必要が生じ、主に教育分野で活動する慈善団体からPC寄贈の依頼が寄せられました。

弊社で寄贈したリユースPCの多くは、2013年前後に発売された比較的古い法人モデルのPCでしたが、メモリ増設、外観クリーニング、最新のWindows10へのOSのアップグレードなどを行い、児童生徒が学習に使用できるようスペックの調整を行いました。

寄贈されたリユースPCは、各団体を通じて、小中高生が学校の課題に取り組む際に使用されたり、10代の若者が就職活動のためのPCスキル向上のために使用するなど、有効活用されています。

 
 

リユースを通じて、「Sustainable Computing ®」推進を目指す

一般的に、ゴミを減らすキーワードは「3R」であると言われており、その順番も大切であると言われています。まずReduce(ゴミの発生の抑制に努め)、次いでReuse(使えるものには新しい役目を与える)、そして最後がRecycle(資源としての有効活用)です。

ゲットイットは、2001年の創業以来、主にBtoB領域において、サーバーやネットワーク機器など、法人向けのハイエンドなIT機器の「リユース」を主な事業の柱としてきました。現在、売上の半分以上を占める第三者保守/EOSL保守の事業も、中古機器のパーツを活用するという点では「リユース」であり、弊社の事業はIT機器の「リユース」が全てのサービスの中核となっています。

弊社では、展開する事業活動と「リユースPC寄贈活動」その他のCSR活動を通じて、廃棄されるIT機器を減らす「E-waste」削減や、リユースによる循環型経済形成への貢献を通じて、社会におけるIT運用の持続可能性を高めるという企業ミッション「Sustainable Computing ®」の推進に取り組んでいます。

 
 

2020年度「リユースPC寄贈活動」活動実績

◆ 2020年8月
◆ 寄贈先 :社会福祉法人 救世軍社会事業団 児童養護施設 救世軍世光寮
◆ 寄贈内容:ノートPC8台
[ 児童養護施設「世光寮」へ、リユースPCを寄贈いたしました ]

児童養護施設「世光寮」へ、リユースPCを寄贈いたしました

児童養護施設 救世軍世光寮さまよりコメント

社会福祉法人 救世軍社会事業団では、全国に5か所の児童養護施設、4か所の保育園、その他 婦人保護施設、救護施設、高齢者施設等を運営しております。この度は、縁あって、東京都杉並区の「世光寮」へリユースPCを寄贈していただきました。
 2020年3月の一斉休校以降、オンライン授業への対応が突然必要になり、その後もこうした取り組みは加速し、小学生や中学生がPCを使って課題に取り組むことも増えました。PCが不足する中、学校貸与品などで対応していましたが、個別の授業への参加や、特に受験生などは共用PCでは間に合わないこともあり、助かりました。
 いただきましたリユースPCは、子どもたちが学校の課題学習などに活用しています。

◆ 2020年8月~10月
◆ 寄贈先 :認定NPO法人D×P
◆ 寄贈内容:ノートPC 10台+30台 計40台
[ 認定NPO法人D×Pへ、リユースPCを寄贈いたしました ]
[ コロナ後の日本を創る若い世代へリユースPCを40台寄贈 ]

◆ 2021年3月
◆ 寄贈内容:ノートPC 13台
[ 認定NPO法人D×Pへ、リユースPC13台を寄贈いたしました ]

認定NPO法人D×Pへ、リユースPCを寄贈いたしました

認定NPO法人D×Pさまよりコメント

いただいたリユースPCは、「ユキサキチャット」というLINEを活用した若者支援のプロジェクトを通じて、経済的に厳しい状況にある10代に届けました。
 「将来の起業するという夢に向かって頑張ります」「宿題のレポートの作成をしています」などさまざまな報告や写真が届きました。なかには寄贈元企業様への動画メッセージもあり、ゲットイットさんとも共有させていただきました。
 以前よりプログラミングに興味があったというある10代は、D×Pが募集したプログラミングスクールで学習を進めています。また、PC寄贈をきっかけに生活の困りごとも聞くことができ、食糧支援や現金給付でサポートをしている10代もいます。PCを通じて10代の選択肢が拡がっています。今後もLINEを通じてやり取りを続け、なにか困ったことがあった時も相談できる関係性をつくっていきます。

 
 

「リユースPC寄贈活動」PC提供団体の募集について

寄贈用に十分なスペックを有するノートPCを無償でご提供いただける団体がありましたら、ゲットイットにて「データ消去」「クリーニング」「Microsoft社による慈善団体用シチズンシップライセンスの取得とWindows 10のインストール」を行い、共同名義で慈善団体への寄贈を行うことも可能です。

リユースPCの中には、発売の時点ではWindows 7 や 8 を標準搭載していたものもありますが、寄贈を行うためには、以下の条件を満たすPCである必要がありますのでご留意ください。

①メーカーにより、当該型番のWindows 10 への対応が公式に発表されているもの

メーカーホームページにて、「Windows 10 アップグレード対応機種」などとして一覧が掲載されるのが一般的です。対応していない場合、一部機能がドライバの問題などで不具合を起こす、OSの動作が不安定になるなどの場合があるため、寄贈には適しません。

②無線Wifi、光学ドライブ、WEBカメラを内蔵しているもの

法人向けカスタマイズモデルでは、これらオプションを意図的に省いたものもありますのでご注意ください。2020年度以降は、教育関連のNPO等を対象とした寄贈が増えており、オンライン授業への参加や、教科書付随のCD教材の再生、自宅でのWifi接続などを想定し、極力上記3つを内蔵しているPCを寄贈したいと考えています。

③バッテリーリコールなどの対象となっていないもの

過去に発火などの事例があった機種など、リコールの対象となっているものは寄贈できません。ただし、軽度なバッテリー関連の問題で、ファームウェアのアップデートによる対応等、メーカーにより解決方法が公式に発表されており、現在も必要な更新用ファイルが入手可能なものであれば、寄贈は可能です。必要なファームウェアのアップデートはゲットイットにて行います。

④同一型番で30台以上提供できるもの

寄贈先団体にとって、機器が扱いやすく、管理しやすくなるよう、型番は極力一致させて寄贈を行うようにしております。

以上、ご協力いただける団体様がありましたら、ご連絡いただけましたら幸いです。

 

●本件に関するお問い合わせ
担当者  : 川澄 (カワスミ)
電話番号 : 03-5166-0900

お問い合わせ

 
 

ゲットイット CSRチーム

リユースPC寄贈活動は、ゲットイットの社員有志による「CSRチーム」を中心に行われています。「CSRチーム」では「草の根CSR」という考え方を大切にしており、細く長く、地道な活動を続けていくことを大切にしています。企業で役目を終えたPCが、リユースPCとして、新しい持ち主のもとで役立っているとしたら、我々としても嬉しい限りです。

 

CSR活動実績

2014年度
◆特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス:ノートPC 6台

2015年度
◆特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス:ノートPC 17台

2016年度
◆特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス:ノートPC 2台

2017年度
◆特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス:ノートPC 25台、iPad 3台
[内訳]
・カンボジア事務所:ノートPC 4台、iPad 3台
・シエンクアン県外務局:ノートPC 3台
・シエンクアン県情報局:ノートPC 4台
・プレマ・シャンティ中学校:ノートPC 13台
・ポーンンサヴァン小学校:ノートPC 1台

2018年度
◆寄贈実績なし

2019年度
◆特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス:ノートPC 3台、iPad 1台
[内訳]
・カンボジア事務所:ノートPC 3台
・ラオス養蜂場:iPad 1台
◆ピナット~外国人支援ともだちネット:ノートPC 2台、iPad 1台
◆さがみはら若者サポートステーション:ノートPC 10台