All posts in 代表ブログ

今日、航空会社の担当と話していた時に出た話題が
ホワイト企業ではなくホワイト国の話

「あれ、韓国のホワイト国除外の件マスコミ大騒ぎしてますが、
半導体メーカーさんぜんぜん影響ないんで」

「えっ そうなんですか?」

「そもそも アジアでホワイト指定だったのは韓国だけだったので
他の国とおなじ手続きが必要になっただけなんで・・・・」
といった内容でした。

上記の話は、いち営業の方の話でその方の視点からの物の流れの見え方なので
これもまた自分で読み解く必要があるのですが、

ちゃんと内容を理解せずに報道の勢いやタイトルだけ見てると
「韓国は日本から輸入できなくなった、その結果日韓関係は非常に悪化してる」
ぐらいに見えるので(見えるというだけの話です)
自分できちんと理解しないとなと反省した次第です。


今日は新入社員のOJT終了プレゼン
その中で出てきたワードで
印象深くてメモしたのが2つ

「ハードウェアに興味がないのに入社したので不安だった」
「うちの会社特殊だよ。大丈夫?」と言われた

ハードウェアに興味がないので不安だったは
ゲットイットメンバーでハードウェアに興味が
あって入社してきた方が超レアで
入社して少し経つとだんだん楽しそうに型番を語ったり
いつまでも興味はないけど仕事としてやってる人もいるし
まぁ そんなもんだろうって感じです。

でうちの「会社特殊」だよと言われたについて
僕からみると「少し変わった人たちが集まってるけど
普通の会社」という印象です。

変わった人が多いから特殊なのかもしれないけど
(社内で一番普通の人って誰?と言わても名前が出ないw)

じゃ「普通って何」って考えると
・我慢して 人に合わせる
・上司にはイエス
・違うと思っても変えれない
・チャレンジするより失敗しない
・何をするにも確認・確認

きっとこんなのが普通の会社なのでは?
と思ったりもするわけです。

こうやってみると、うちの会社の方が
無駄なことはしない普通の会社なんじゃないかなと
思うんだけどな。


最近みた動画で
一番のお気に入りが
矢沢永吉さんの動画です。

人生は1回だしいつ突然終わってしまうかもわかりません。

だからこそ、こうやって全力で
自分が創りたいものに
取り組む姿って
本当に素敵だなって
めちゃくちゃ感動して

Facebookに投稿したり
こうやってブログに書いてみたり
顧問にチャットを送ったりしてます。

1時間とちょっと長いですが
ぜひぜひみてみてください。


持続可能な開発目標(SDGs)と聞くと
話は小難しく見えますが、
これって「もったいない」事をやめたり
やっぱり「おかしいよね」って事をやめていって

本来あるべき姿に物事を戻していき
地球を長持ちさせよう
そんな感じの取組のようにとらえています。

その中で、僕たちはIT機器に関しては
リユース・リサイクルの専門家として
の知見を活かして企業における
IT資産に対してSDGs に関連した提案を行っていますが

自分達の暮らしの中でも日々
これ本当にいるのか?と思うものも沢山あるので
SDGsチャレンジでは日々の生活の中で
「これいらなくね」と思うものをみつけたら
つぶやきたいと思います。

まず今日コンビニで思ったのが「レシート」
本当にいるのか レシート
ほとんどの人が捨ててないか レシート
いったい1日 何枚のレシートが 必要ないのにすられて 必要ないから捨てられて
これ誰かが辞めたらどれぐらいの陸上資源が助かるんだろう。

 


先週の土曜日はライブでした。
ゲストでプロベーシストのさっこさんが来てて
終わってからの打ち上げで
「今日のプレイどうでした?」と聞いたら

「もっと楽器鳴らそっか?」
(まぁ気持ちの問題かもなんだけど)
と意味深なアドバイスをもらいました。

帰ってからの練習では
楽器のボディが鳴ってるか意識すると
今までタッチが弱かったかなとか
また色々なことに気づきました。

楽器は弾けば音はでるけど
その楽器の持ってる全てを引き出せてる
わけじゃないんだな〜と反省。

そして、今日はこれを組織に
例えるとなんてことを考えてました

「ゲットイットは鳴ってるのか?」
メンバーの力を全部引き出せてるのか
まだまだ道は遠そうです。


台風

Categories: 代表ブログ
Comments: No

今日のトピックは台風だと思います。

Twitter 等でも話題になっていますが
津田沼の異常な混雑をみてると
あそこまでして
長蛇の列に並んで
地獄のような満員電車に乗って
会社にいって
本当にいい仕事ができるのか?
めちゃくちゃ疑問です

そもそも
「会社に行くことは手段であって目的ではない」
と思うのです。

もちろん中には
「行く必要がある」人もいたと思うのです。
それでも今日は「台風で」と言えば
お客様もわかってくれるはずなのに
上記やその他の駅で発生した異常なまでの行列は
僕には理解不能な光景でした。

ゲットイットは昨夜の段階で
全員に明日は無理はしないようにと連絡
今朝は7:20 に全社Chatに向けて
テレワークできる人はテレワークと発信。
その後も会社に行かないことを推奨する
投稿を何度か投げました。

僕は小田急線ですが、小田急線もTwitter 見てると
総武線まではいかないものの凄まじい状況だったからです。

結局14時ごろまで自宅で作業をして
その後、予定があったので出社しました。
(電車もほとんどまたなかったし、めちゃ空いてました)

帰りがけにはこんな記事を読みました

異常事態って「今までの普通」について
改めて考えるいい機会だと思います。
うちの働き方もまだまだ改善の余地ありです。


「社員は会社が守らなくてはならないものだ」と僕は思っていません。
メンバーはそれほど弱い存在ではないからです。

ゲットイットにおける会社とメンバーの理想の関係は対等です。

辞めてほしくない人財だし
辞めたくない職場であること

そういう関係が健全なんじゃないかなと
思っています。

「辞めたくない職場」になるにはどうしたらいいのか?
それを日々考えています。


9時〜12時までキッチンのミーティング
14時〜 ITのミーティング
16時〜 父の会社のミーティング
で隙間時間に自分の仕事をするという
ごちゃごちゃな日でした。

個人的には
1つのことをずっとやってると飽きるから、
こういう働き方好きなのですが
さすがにここまでごちゃごちゃだと
いろいろ漏れたり、失敗することもあって
気をつけないとな〜と


告知

Categories: 代表ブログ
Comments: No

昨日営業メンバーに
「営業の皆様お願いします。」
とお願いしたと思ってたことが
まったく実行されてなくて
今日 個別に確認したら
やってくれた

僕も「国民の皆様」と何かを
お願いされたらやらないし
「世田谷区の皆様」でも
きっとやらないけど
「ゲットイットの 廣田さん」
と言われたらやらざるをえないから
これはきっと告知の仕方が
よくなかったんだなという
結論にたっしました


「技術と営業でもっとコミュニケーションを取りましょう!」
とかいったとしても、
皆 重要なことはわかっているけど きっかけや仕組みがないと
やっぱり後回しになるので

いろいろ考えてたときに アメリカ行ったら とある会社で ピザをうまく使って
人が集まったり ピザ片手に談笑してるのをみて
これだ!とおもって

毎月第二営業日のお昼は
ピザを置くようにしたら
いろいろな人が集まってきて
ピザ片手に 部署横断で話したり するようになってきました!

別に話したくないわけでも、重要性が分かっていなかったわけでもなく
ただ単に、話したくなるような流れが整っていなかっただけでした。

ピザを手配してくれるメンバーは元ピザ職人!?(間違ってるか?)
今日はピザハットのピザでした。
来月はどこのピザだろう。楽しみでです。