J-WAVE「STEP ONE」に出演しました。テーマは「E-waste」(電子ごみ) – 株式会社ゲットイット

コーポレートブログ

2021年10月05日
コーポレートブログ

2021年10月5日(火)、ラジオ「J-WAVE」(81.3FM)の「STEP ONE」に、弊社代表 廣田優輝がリモート出演させていただきました。

番組内の「SAISON CARD ON THE EDGE」のコーナーにて、ナビゲーターのサッシャさんとノイハウス萌菜さんとともに、「E-waste」(電子ごみ)の現状について紹介。

「E-waste」の一般的な定義から、世界全体でのE-waste発生量の統計データの紹介、個人でもできる3Rの心がけから、パソコンを処分する際のデータ消去の注意点まで、たっぷり15分間、お話させていただきました。

●ラジオ局:J-WAVE(81.3FM)
●番組名 :STEP ONE
●コーナー:SAISON CARD ON THE EDGE (アーカイブあり)
●放送日 :2021年10月5日(火) 10:10~10:25

なお、番組は、放送から1週間に限り、radiko「タイムフリー」で、後からご視聴いただくことも可能です。 「step one(part1)」で検索の上、10月5日(火)の番組をご視聴ください。
(出演部分:01:10:10~01:25:00 PCやスマホなど電子ごみの知られざる実態に迫る)

 

 

J-WAVE放送後の記念撮影
番組放送後、ナビゲーターのサッシャさん・ノイハウス萌菜さんと記念撮影。今回はコロナ対策としてオンラインにて出演させていただきました。ノイハウス萌菜さんはご自身でもプラごみの問題に携わっているとのことで、興味をもって色々と質問していただきました。

番組内でも言及のあった通り、国連大学を中心としたチームがまとめた統計データを元に計算すると、日本では一日当たり約7,000トン、「だいたい5日おきに東京スカイツリーが建ってしまう」ほどのペースでE-wasteが排出されています。

3Rでごみを減らす工夫をする以外にも、例えば「メーカーなどの企業の行動は消費者の行動によって大きく左右される」という点に着目することで、個人として取り組めることも増えてきます。新しい機器を購入するとき、再生資源を活用して製造されたものを選択すれば、再生資源への需要が高まり、リサイクル業界が活発化し、資源の循環が促進されます。それもまた、E-waste問題の解決への道筋の一つとなります。

今回の放送が、E-waste問題について、何ができるのか? 考えるきっかけとなれば幸いです。

なお、ゲットイットは、BtoB領域での、主にサーバーなどのエンタープライズ向けのIT機器について、保守/修理による長寿命化や、買取り・リユース販売による二次流通を主な事業領域としています。

企業で不要となったIT機器があれば、ぜひ一度、弊社までご相談ください。

文責:川澄

ゲットイットでは、2021年10月14日の「International E-waste Day」に合わせて、10月を「E-waste月間」と位置づけ、企業のIT機器の廃棄からリユースへの移行を応援すべく、データ消去費用30%OFFなどのキャンペーンを実施しています。

また、現在、キャンペーンへの追加要素として、アフリカを中心にリサイクル技術の乏しい途上国において製品寿命を終えたモバイル機器の回収を行い、適切にリサイクルすることによってE-wasteの相殺を行う「E-waste Compensation」(※1)についても、日本初導入に向けた準備を進めています。
 
「International E-waste Day」および「E-waste月間」について、詳しくは以下をご参照ください。
E-waste月間キャンペーン
 
※1:E-waste Compensation
オランダの「Closing the Loop」社によって提供されているサービス。新規に製造・流通した機器が、将来途上国などに輸出されE-wasteとして不適切に処理されている現状に対して、製品寿命を終えた機器を回収・リサイクルすることによって、E-wasteの相殺/補償(compensation)を行うサービスモデル。Closing the Loop社は、アフリカ諸国を中心に、リサイクル技術の乏しい国々において、低コストで実施できる野焼きなどの不適切な処理から得られる金銭的報酬よりも高価格で、製品寿命を終えた携帯電話・スマートフォンの買い付けを行っており、集められた機器は、EU圏内の高度な技術を有するリサイクル施設に輸送され、適切なリサイクルによって再生資源が抽出される。なお、同社はこれによって「資源の完全循環の輪を閉じる」ことを目指しており、それが社名「Closing the Loop」の由来となっている。
公式サイト:https://www.closingtheloop.eu/
 
 
●本件に関するお問い合わせ
担当者  : 川澄(カワスミ)
電話番号 : 03-5166-0900

お問い合わせ


 

Kawasumi
Kawasumi
株式会社ゲットイット広報。2019年7月より現職。海外生活が長く、業務の傍ら、海外採用者の通訳なども行う。趣味はスポーツで、夏は海、冬は雪山に行くのが好き。