All posts in 語学部

I’m studying English and Russian. – 「語学部」の活動報告~英語編~

Categories: クラブ活動, 語学部
I’m studying English and Russian. – 「語学部」の活動報告~英語編~ はコメントを受け付けていません。

As I wrote here before, I’m studying English and Russian. I made up my mind to write 2 posts for both of the languages. So this time is English.

We had a long weekend this month and because of this situation, I mostly stayed at home cooking, doing the laundry, cleaning my room, studying languages and so on. After I started self-quarantining at the end of March, my habits changed. Now I rarely go outside and I don’t exercise much which I should do more often I guess. Instead of doing exercise, I sometimes go to a shopping mall without using public transportation. There is one 20 minutes away from my place and a big one 2 stations away that takes 30 minutes on foot. Actually I use a bus when I don’t want to walk all the way, but I enjoy walking around seeing new scenery. I love going to new places for fun. I really wanted to go somewhere new. I hope this crisis will settle down soon. Stay safe and stay healthy.


Slackで毎日触れるドイツ語 – 「語学部」の活動報告~ドイツ語編~

Categories: クラブ活動, 語学部
Slackで毎日触れるドイツ語 – 「語学部」の活動報告~ドイツ語編~ はコメントを受け付けていません。

ゲットイットでは、昨年末から社内のコミュニケーションツールとして「Slack」を使用しています。
ある時社内のメンバーから「Slackって他の言語に設定出来ますよ。未読メッセージをクリアした時の表示が面白いですよ!」と教えてもらいました。

ご存知の方はイメージがわくと思うのですが、Slackは ”全ての未読メッセージを確認する” というところから未読メッセージを全部チェックし終わると「おめでとう!」「よく頑張ったね」「お疲れ様!」というような激励の言葉を表示してくれます。
これが各国の言語になると、お国柄が出てたしかに面白いんです。
私が学んでいるドイツ語だと例えばこんなメッセージが・・・

Hier ist das Licht am Ende des Tunnels!
トンネルの向こうに光!

Alles gelesen. Wie es im Buche steht.
全部読んだね。そう本に書かれている通り(=教科書通り)

Du bist der Hammer!
あなたはハンマー(トンカチ)だ!(=あなた最高!)

Das war das Tüpfelchen auf dem i.
「i」の上の小さいな点(=最後の仕上げ)だったね

Alles klar!
オールクリア!(=OK!了解!若者言葉だと”元気?”と挨拶代わりにも使う)

などなど。
基本全部ほめ言葉なので多少明るい気持ちになれるというのもポイントです。

Alles klar!

語学は毎日ちょっとずつでも触れることが大事とよく言われますが、これがなかなか難しいんですよね。Slackなら毎日ずっと業務で使用して目に触れるし、これからもドイツ語でほめてもらいながら日々過ごしていこうと思います。

・・・ちなみに。
よく表示されるものの中に意味が分からないものがありました。

Alles in Butter auf dem Kutter!

直訳すると、「全て小型漁船の上のバターの中だ!」
…どういうことなんだろう。
次回までの宿題にしておきます。


比喩表現を含む果物 –「語学部」の活動報告 ~ 英語編 ~

Categories: クラブ活動, 語学部
比喩表現を含む果物 –「語学部」の活動報告 ~ 英語編 ~ はコメントを受け付けていません。

語学部yです。
本日のテーマは比喩表現を含む果物 です。
🍏🍎🍐🍊🍋🍌🍉🍇🍅🥝🥥🍍🍑🍒🍈🍓

🍑peach
「素敵・素晴らしい・魅力的」という意味で使用されることがある
&割と一般的に使われる表現のよう。
you’re a peach! (あなたって素敵!)

 

🍋lemon
対して、爽やかなイメージでこちらもプラスイメージ?
と思いきや、不良品・欠損品という意味合いで使用されるそう。
日本の感覚で(爽やかで)レモンのような人だ!
なんて発言してしまった日には齟齬が生じて危険ですね。これ。
This car is a lemon. (この車は欠損品だ。)

 

🍎aapples and oranges.🍊
義務教育の英語で習う単語入門の代表格と言っても過言ではないリンゴとオレンジですが、
(全く別の性質)比較できないものという意味合いで使用されるそうです。
水と油 に近しいニュアンスと知って、へーー!!と驚き からの、
apple and apple. で、同じ性質のものと比較する というへーーーー!!!!!!と更なる驚き。

そういえば腐ったリンゴという表現もあるし、リンゴって比喩表現で使われやすいのかしら。
というよりも、禁断の果実リンゴ説〜とか白雪姫の毒リンゴ〜とか 人類が昔からリンゴに魅了されてきているおかげ(?)で、リンゴ派生の言葉も多いのかしら とか。

と、考える方向がどんどん逸れてきたので この辺りで!では!!!🍎
(余談ですが某自転車マンガに出てくる我が推しの好物もリンゴということも思い出しました) (本当に余談)


Здравствуйте!

今回は覚えておくと喋れた気になるロシア語をご紹介します。
ちなみに最初の単語は「こんにちは(ズドらーストゥィチェ)」です。
朝でも夜でも使ってOKらしいです。
※平仮名の「ら」は巻き舌の発音です。

Спасибо(スパスィーバ) :ありがとう
Пожалуйста(パジァールスタ):どういたしまして
Вкусный(フクゥースニ)   :おいしい
Хорошо(ハらシゥオー)    :良い、すばらしい

Пожалуйстаは英語のPlease(どうぞ)のような使い方もできるそうです。
使いみちが色々ありそうですね!

Хорошоもいいですよ、OK、と言う返事としても使うようです。
この5単語を覚えれば何とかなる?かもしれません。

By the way, I was planning to go to Russia for this summer vacation but it’s difficult to plan for now… I am studying Russian for the trip, so I might switch the language to English for refreshing my mind.

旅行好きの私としては、事態が早めに収束に向かっていくことを願うばかりです。
お出かけできないときは、動画や映画を見るのもいいかもしれないですね~。


Hi, I’m Sakurai.

I had been studying German until August, but I switched to English.
Actually I was studying German just because my husband has a textbook of German.
It was difficult for me to learn a new language without goals and motivations…

Now I’m reading an English manual of an IBM server.
Since this model has complicated firmware and licenses, even the engineers of GET IT don’t know the whole system structure.
Some members of my team struggled with it last year, so I try to understand it myself!
But the manual is 220 pages long and it takes me a very long time to read. (I wanna give up immediately.)
Unfortunately, the next time I read it, I’ve forgotten the previous chapter.
So I read the same part again and again. lol
When will I finish reading〜〜〜

 

 

〜 訳 〜

 

「ドイツ語から英語へ」

こんにちは、櫻井です。
8月までドイツ語を勉強していましたが、英語へ切り替えました。
実は夫がドイツ語のテキストを持っていたからという理由だけでドイツ語をやっていたので、目標とモチベーションがない状態で新しい言語を学ぶのは難しかったのです…。
今は、あるIBMサーバーの英語マニュアルを読んでいます。
このモデルはファームウェアやライセンスが複雑なため、ゲットイットのエンジニアでさえ全体のシステム構成を知りません。
チームの何名かが去年この機器で苦労したので、自分で理解できるようにトライしています!
でもマニュアルが220ページもあり、読むのにかなり時間がかかっています(早速諦めたいです)。
残念なことに、次に読む時には前回読んだ内容を忘れているので、何度も同じ箇所を読んでいます(笑)
私はいつ読み終わるんでしょうか〜


今回は、疑問文の頭につく単語の 英語(E) と スペイン語(S) と日本語(日) の違いを並べます。*アクセント記号は省きます

英語(E) スペイン語(S) 日本語(日)
what que
who quien
when cuando いつ
where donde どこ
which cual どっち
how como どうやって
why por que なぜ

 
発音的にはカタカナ読みすれば通じます。

スペイン語を勉強するきっかけとなった「サッカーをスペイン語解説で見たい!」が本題なので、そろそろサッカー単語も入れていきます。

基本 balompié (futbol) サッカー
基本 balón   (pelota) ボール
   jugador 選手
   jugador de fútbol サッカー選手

上記の「j」はスペイン語ではカタカタ読みですと「フ」になります。

jugador(フガドール) 選手
jugador de fútbol(フガドール デ フッボル) サッカー選手

となります。
*スペイン語は広い地域で使われている単語でそれぞれの国で使う単語や発音が異なることがあります。
次回はもう少し、サッカー単語を勉強します。

今年の夏は世界中から観光客が多く日本に訪れますのでもっともっと勉強して困っている人が居たら助けたいな。
それでは、Adiós amigo(amiga)!!


Guten Tag!! みなさんこんにちは。語学部ドイツ語担当です。

12月といえば、クリスマス。
そしてドイツといえばクリスマスマーケットが有名。
ということで今日はクリスマスにまつわるドイツ語をいくつかご紹介してみます。

 

ドイツ語だとクリスマスは《Weihnachten ヴァイナハテン》
「捧げる」《weihen ヴァイエン》+「夜」の複数形《Nachten》から。

 

クリスマス前の約4週間は待降節《Advent アドヴェント》
この期間に毎日一つずつ窓を開けていくアドベントカレンダーも発祥はドイツなんだとか。 

 

クリスマスマーケット《Weihnachtsmarkt ヴァイナハツマルクト》では、ソーセージ《Wurst ヴアスト》
甘くてスパイシーなホットワイン《Glühwein グリューヴァイン》を。
アーモンドをカリッと甘くあげたお菓子《Gebrannte Mandeln ゲブランテマンデルン》も定番のようですよ。

 

そして日本でもすっかり人気になった《Stollen シュトレン》を薄くスライスしながら毎日ちょっとずつ食べる。
またこの時期用にクッキー《Weihnachtsgebäck ヴァイナハツゲベック》を何種類も焼いてやっぱり毎日ちまちまとちょっとずつ食べる。
そうやって、クリスマス本番まで小さな幸せをつまみながら当日を待ちます。

 

クリスマスソングとして有名な「聖しこの夜」は《Stille Nacht シュティレナハト》
今回調べたら同じドイツ語圏のオーストリアで生まれた曲だということがわかりました。

 

・・・こうやって書いていると、クリスマスを待ち遠しく思いながら、つつましくも楽しんで過ごしてきた
ドイツの人たちの生活振りが伝わってくる気がしてほっこりしました。

 

それでは、みなさんも素敵なクリスマスとお正月を!
Frohe Weihnachten und guten Rutsh ins neue Jahr !!!
ドイツのクリスマスマーケット


こんにちは。
語学部の幽霊部員です。
もともと朝の部活は出ていなかったのですが、ここしばらくは夜の部活にも顔を出さずにおります。
しかし部員であるという責任感すらなくなると全く勉強しなくなりそうなので、
部員で居続けさせてもらっています。

みなさまは、『ボルベール〈帰郷〉』(ペネロペ・クルスさん主演)という映画をご存じでしょうか。
”社会における女性”的なテーマの授業にて、全編上映会があり、人生で1度だけ観たのですが
けっこう強烈に印象に残った映画です。
ただ残念なことに、観た後に感想を書かないといけなかったので、
感想、感想、と頭のなかでぐるぐるして、素直に観ることができませんでした。
今度は感想のしばりなく観たいと思いつつ、なかなかに重いテーマなので、再挑戦できずにおります。

さて、その映画が語学部と何の関係があるのかと申しますと、
まあそもそも、この映画スペイン映画なんです。

スペイン語わけわからなーい、と思いながら観ていた当時(日本語字幕あったんですけどね)、
それでも心に残った劇中歌、Volver.
この映画のために作られたわけではなく、もともとカルロス・ガルデル というタンゴ歌手が歌っていた有名な歌のようです。
映画ではペネロペ・クルスさんが口パクしています(当時は口パクだと思っていませんでした)。

Volver

Yo adivino el parpadeo
De las luces que a lo lejos
Van marcando mi retomo
Son Ias mismas que alumbraron
Con sus pálidos reflejos
Hondas horas de dolor

Y aunque no quise el regreso
Siempre se vuelve al primer amor
La vieja calle donde el eco dijo
Tuya es su vida, tuyo es su querer
Bajo el burlón mirar de las estrellas
Que con indiferencia hoy me ven volver

Volver con la frente marchita
Las nieves del tiempo platearon mi sien
Sentir que es un soplo la vida
Que veinte años no es nada
Que febril la mirada, errante en las sombras
Te busca y te nombra
Vivir con el alma aferrada
A un dulce recuerdo
Que lloro otra vez

(以下略)

日本語訳はあえてつけません!笑

 

これを歌えるようになりたいと、当時練習したのを覚えています。
しかしあまり意味もわからず歌っていたので、心がこもっているようでこもっていない。
映画のイメージと自分の想像で歌っていました笑

スペイン語は、しゃべる分には比較的日本人がなじみやすい言語だと思います。
なので音から入るのはけっこう簡単…ということで歌はけっこう取り掛かりやすいところなんです。

好きな歌を見つけて、そこからその言語への理解を深めていく…。
当時の私の場合はただひたすら歌うだけで理解は深めていきませんでしたが、
今度はせっかくなのでちゃんと意味を理解した上で歌えるようになりたいと思います。

以上、幽霊部員がお送りしました。


今回も変わり種表現について!です!

cats and dogs

これどんな意味があると思いますか??

\ it’s raining cats & dogs. /

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

実はこれ 土砂降りのときに使われる表現のようで。
普段の日常会話では あまり使われない
表現ではあるようなので、伝わらないと
????? となってしまいそうです 笑

 

起源は調べてみたものの なんだか
しっくりくるものが見当たらず、、、
(諸説あるようです)
(気になった人はググってね)

 

あ、あとは 犬猫つながりで
イッヌやネッコにあたるネットスラングで
doggo catto というものがあるようで。
(思わずにやけてしまったのですが)
(刺さる人にしか刺さらない内容で申し訳ないです)

 

ちなみに 「ググれ」 は 「Google it!」 という表現が
一般的 (?) らしいです (へえーーー)

 

生きる場所や人種が異なっても 人間考えることは
皆一緒なんだな という話でした。以上〜〜


語学学習者にとってモチベーションの持続は永遠の課題だと思います。
私も今その壁にぶち当たっています。

解決法としてよく言われるのは
『自分に合った目標を立てる(目標を見直す)』ですが、
私の今の目標は「来年の旅行で使えるようにする」なので、
目標達成が遠すぎることと抽象的なのがよくない気がします。

最初は文字に慣れることを目標としていたので、その次のステップを考えてみます。
うーん。。。

旅行なので「旅行で最低限必要な言葉を話せるようにする」にします。
例えば挨拶やお礼の言葉とか、おいしい!とか言いたいですね。

その次は行きたい場所や地名を言えるようにするのもいいかもしれないです。
ちょっとやる気が戻ってきました!
今回は全編日本語で書いてしまったので、次にブログを書くときにはロシア語も織り交ぜることも目標とします!!