All posts in クラブ活動

4DX SCREEN

1月の映画部は「ジオストーム」を鑑賞しました。
自分としては先日都内で大雪があったり、
日本で唯一のストームチェイサー 青木豊さんを知った直後だったので天気の話題には特に興味津々でした。
今一番好きなスタンドも「ウェザーリポート」です。
急に天気が変わるときはいつも心の中でこいつは―――っ『ウェザー・リポート』ッ!!って呟いています。

ざっくりしたあらすじは
2019年ごろからすっごい自然災害があったので天気をコントロールするでっかい衛星を作った数年後、
いろんなことがあってコントロールが出来なくなっちゃたのを解決する映画と兄弟愛+
」です。
小学生のような説明ですね。

ところで映画内で銀座に雹が降ってくるシーンがありましたね。
弊社のご近所です。
2019年以降にご来社されるときは巨大雹にお気を付けください。
車は潰され、建物は砕かれますよ。

以上です。


みなさんこんにちは!
蔵部部員 Hです。
1月の蔵部・活動報告をさせていただきます。

今回は事務所が移転後、初の築地オフィス開催。少人数だったこともあって
蔵部史上、最もまったりした会となりました。
こんなこともあるんだ、我々でも…

さて、私事なのですが、先月越後湯沢に旅行してきました。
そこでテーマは「越後湯沢の美味しい日本酒」とさせていただきました。

越後湯沢といえば、スキー場があったっけ?くらいしかイメージがなかったのですが、
じつは、この地は「魚沼郡」にあります。
魚沼、といえばこしひかり、、、

おいしいお米とお水があるこの地は、多くの酒蔵があり
有名な銘柄の日本酒が多数、作られている日本酒天国だったのです!

そんな宝の山から選んだ2本がこちら。

青木酒造「雪男」純米
妙高酒造「越乃雪月花」大吟醸

「雪男」「越乃雪月花」

まずは「雪男」から。

皆さんどうですか?

「パッケージの雪男がかわいい」

なんというか、愛嬌ありますね。実はパッケージに惹かれて買いました。

味はどうですか?

「あ、結構辛口」
地元のおじさま達に愛されている日本酒らしい日本酒、という感じです。

では、次いきましょう!「越乃雪月花」

「あ、香りが全然違う、、!」「ほんとだ香りが」

「美味しい、、」「大吟醸のぜいたくな味がする、、」

瓶に下記ような説明が書いてあります。

”袋取り斗瓶囲い酒 ”・・・うーん、そもそも読めません笑

日本酒に詳しい部員Yさんによると、

「これは、できたお酒を絞るんじゃなくて、1滴1滴自然に落ちてくるのを
布で濾して出来ていますね。いわばドモホルン○ンクルのようなお酒です!」

とのこと、、そんなお酒だったとは。言われてみればそんな味がいたします。
ハレの日のお酒、という感じでしょうか。

同じ地域で作られていても、まったく味も香りも(お値段も…)違う2本でした。

蔵部に入って、毎回2~3種類の日本酒をいただくこと数回、
同じ日本酒でも、味・色・香り、結構違うんだなということがわかってきています。
そんな日本酒を、一人ではなくみんなであーだこーだといいながら味わえるのが、
蔵部のいいところですね。

さて、2月はどんな日本酒との出会いがあるのでしょうか!こうご期待♪


活動報告が遅くなってすいません。
部長のMです。

12月は、以前入荷してそのままだったダーツ台を使えるようにしよう、という活動になりました。

ダーツ台は、ちょっと古いですが一時期日本中のダーツバーやゲームセンターにあった「スペクトラム」です。
入荷した時点では、電源は生きているようだが起動しないので画面に何も映らないし使えない、
おまけに鍵も無く中も開けられないという状態でした。

スペクトラム

結論からいうと、使用できるようになりました!

とはいえ、鍵の無いドアは無理やり開けましたし、強引に起動させてるようなもので、
お店で使用する状態にはちょっと・・・というところですが、
これで部員は矢を投げ放題です。

どこがおかしいのか?壊れてるパーツはないのか?基板のどこを触ればいいのか?
みんなであれこれ言い合いながらやるのは、こういう会社ならではかも。

部員ではないけど起動方法を探してくれたNさんありがとう。


今月は、すみません!!!
ボルダリング予定が立ちませんでした。
2月こそ!! 登りたい。
今月は、トレーニング表 を見よ!

トレーニング表

男の割に基礎代謝が低い!これが原因です。部長のやせない理由は(思い込んでいます)
何とかならないものか・・・まずは、体温かな?めっちゃ冷え症だし、小さいころから「顔が悪い」じゃなくて「顔色悪い」
とよく言われるし。でも体が硬いから、ストレッチと肺活量を昔に戻そうと。
そうです、私実は6年間声楽をやったことと高校では球児で外野(センター)を守っていて声が出ちゃうんです。
複式の発声は大の得意ですのでそこをうまく生かせば呼吸法で肺活量が上がり⇒基礎代謝がUP!! のはず。
寒い冬だからこそ、体重などが上がったり下がったりしやすいのでここが勝負どころだと思っています。
来月は社内行事で色々と混みこみしているので、早めのスケジュール出しをしてみんなで登るぞい!
Let’s Climb ON!!


ゲットイットに8個目のクラブ、「語学部」が発足しました。
言語を学びたいけど一人だとついつい怠けてしまう人のための部活です。

英語、中国語、スペイン語、ドイツ語、スウェーデン語、フランス語・・・など
勉強する言語は様々ですが、モチベーションをキープしあいながら勉強できたらいいなと思っています。

最後に、このブログを読んでいる皆様に大事なお知らせです。
今後、語学部のブログは各自が学んでいる言語でアップされます。
最初のテーマは「自己紹介」です。
お楽しみに~。


あけましておめでとうございます。
遊部の平野です。
元気です。

さて、去る12月19日に卓上遊戯倶楽部 12月活動を行いました。
今回は久しぶりに4人での活動になりました。
会場はいつもの勝どき区民館です。

12月2,3日に東京ビックサイトで開催された「ゲームマーケット2017秋」で
大量に調達した新しいゲームをいっぱいやりたかったのですが、
思いのほか開始時間が押してしまったことと、
(だって仕事が終わんなかったんだもん。めんごめんご。)
ルールの説明が仕事で疲弊した脳では処理と理解がしきれず、
遊んでみたものが2つのみになってしまいましたが、
逆に内容が凝縮され、2つとも全力で遊ぶことが出来ました。
さらに他に買ったゲームは何点か貸し出し、後日ルールの説明などを託しました。
頭脳プレーですよ奥さん。

>> ゲームマーケット 公式サイト

<今回のラインナップ>
* 海底探索
* そっとおやすみ
今回のラインナップ

 

■海底探索
部員のおばあやんチョイスです。
ざっくり言うと潜水艦の空気を共有しながら海底にある宝物をゲットして行こうよでも潜水艦に帰らないとだめだよっていうゲームです。
もうちょっと言うと宝物はとればとるほど勝ちに近づくけど、駒を進めるためのサイコロの目は少なくなるは、
全員で共有する空気は減るは、空気がなくなったらお宝没収されるは、散々なことばっかり。
でも宝物のポイントで勝敗が決まる。
なかなかなチキンレースですよ。
説明は長くなるので割合しますが、独自の緊張感は癖になります。
どこで引き際とするか、空気が残ってる内にもうちょっと進むか、
基本的にチャレンジャー海淵よりも欲深い我々にはいい教訓となるゲームでした。
ちなみに我々が考えた作戦は
「第一ラウンドは捨てる。
全力で点数の低い宝を取りまくり、そのまま空気切れになって終わる。
そうすることにより取ったお宝は没収ということで後ろのほうに行くが、
次のラウンドで点の高いお宝にすぐアクセスできる!
あとは作戦を命を大事にしながら第二、第三ラウンドで高いお宝をちょっとずつゲットしていく」
っていう作戦です。
皆さんもどうぞ。自らの欲深さを呪いながらやってみてください。

 

■そっとおやすみ
先日日本語が分からない人でもサクッとできるゲームを探していた時にふっと思い出して買ったゲームです。
手札を揃えたり全部無くなったりして勝ち負けが決まるゲームは「ページワン!」とか「ウノ!」とか「ドンジャラ!」とか
「俺も4カードだ、ただしクィーンとジョーカーのな。お気の毒だ、疾風ウォルフ」
「ほう、さすが名将は引き際を心得ておられる」とかcv若本規夫で言って何らかの宣言をするところですが、
このゲームは揃ったら何も言わずにカードを伏せるのです。
ゲームの流れとして隣の人と手札のカードを1枚づつ渡していき4枚同じ帽子を被ってる絵を揃えていきます。
そしてそろった瞬間に上記のように手札を伏せます。
で、他のプレイヤーは手札がそろってなくても伏せた人を見つけたら同じようにそっと伏せます。
最後に伏せた人が負けです。
負けた人は「おねむちゃんカード」を受け取ります。
この「おねむちゃんカード」は13枚あるのですが、このカードがすべて負けた人に渡されたらゲーム終了です。
簡単に言うと13ラウンド繰り返して「おねむちゃんカード」が一番少なかった人の勝ちです。
一番多かった人が一番のおねむちゃんです。
そっとおやすみ

 

自分は一度プレイしたことがあったので少し余裕こいでました。
「戦いが始まったとき、優勢なのは奴だろう。だが、戦いが終わったとき、立っているのはおれさ(cv若本規夫)」的な感じで
真っ先におねむちゃんカードをゲットしました。不覚。
伏せるタイミングは絶妙でたとえば音を出して伏せるとみんな気づいて反射神経の戦いになったり、
音もなく伏せると気づいたら自分以外伏せていたり、すごいのは配られた瞬間にそろっている時。
配られ終わった瞬間、手札を確認している瞬間、みんながカードを交換し始めた瞬間、話の間に、
そっと伏せる。
みんな慌てて伏せていくときこのゲームの面白さに気づくでしょう。
で、気づいたら自分は6枚のおねむちゃんカード。
ほかの人は1~3枚だけ。
おねむちゃん残り3枚くらいの時は負けモードですよ。
で、ラスト1枚のときにはもう負け完全に負け。
「我が事ならず、だ」とか呟いて「遅いじゃないかミッターマイヤー」とかほざきたかったです。
cv若本規夫で。

 

写真は今回うっかり撮り忘れたのでゲームマーケットの写真と後で撮ったゲームの写真をアップします。
遊部でした。
ゲームマーケット01 ゲームマーケット02


年末の慌しさもあり、今月は1度しか時間を作ることが出来ませんでしたが、なんと部員数名が「レベル5」をそれも1箇所だけでなく登ることができました。
グラビティのスタッフによると、6と5の差は今までより上がります、更に5と4も差が有りますから。
力だけでなくテクニックも覚えてくださいとのこと。

柔軟性や足の使い方、体幹がものを言うそうです。
更に磨きを掛けます、イメージトレーニングは動画などで出来ているのですが。。。。
隠れて、ジムに行っているメンバーも居ますし。
(このメンバーが「レベル5」を数箇所制覇しています!!)
風林火山で言うと「林」のごとく黙々とトレーニングと壁に向き合っています。
性格が出ますね。
ちなみに、年末に掛けての部長の体は。。。
トレーニング表を見よ!! 上がっている!! 
体重と脂肪が(特に皮下脂肪が)。有酸素運動してませんからねー。
スマホの万歩計では、10000歩/日以上なのですが。
2018年の目標は、(ドラムローーーーーール)♪

【部員増!】 そして部長個人では 【現状維持!!】
*現状維持も場合によっては、難しいこともありますよねー

あとは、社外の方とも一緒に登りに行きたいですね。
このブログを見て頂いている方で、経験者~未経験者まで一緒にやりたい人は、
お気軽にご連絡ください。
お便り、待ってマース!! 【部長ファンクラブもそろそろ創設しようかと】

それでは、いつもの合言葉!!

Let’s Climb ON!!
%e7%84%a1%e9%a1%8c


日本酒を楽しむ「蔵部」の第一回目の活動では、
日本酒2本に対しワイン10本空けるという快挙を成し遂げた私たちですが、
2回目の今回はわたくしtagtagが当番だったので、大変お上品な会になりました。

今回のお酒は、会社の近くにある勝鬨酒販さん(http://katidoki.com )に
飲み比べをしたいと相談に行って選びました。
photo_17-12-28-09-11-44-146
楯野川
 純米大吟醸 主流 (山田錦)  
 純米大吟醸 雄町 (雄町)
 純米大吟醸 本流辛口 (出羽燦燦)
 
山形の「楯の川酒造」さんは純米大吟醸だけを作ってらっしゃるそうで
それならお米の違いをテーマに飲み比べてみようかな!ということで
どれが雄町で、どれが山田錦なのか、みんなに当ててもらいました。
photo_17-12-28-09-11-47-565
楯の川酒造さんのHPにわかりやすい味わいのチャートがあるので
http://www.tatenokawa.jp/ja/sake/brand/toranomaki/12.html
それを参考にした結果、ほぼ全員正解。
あれ?みんなそんなに繊細な舌してたの?
photo_17-12-28-09-11-56-524
実際には、酵母や仕込み水や酒造工程ナドナドの要素があって醸される
味わいの違いなので、お米の違いがどれだけのものなのかわかりませんが、
とりあえず、今後われらは「あ、出羽燦燦ね、フムフム」と知ったかぶることが
できるんじゃないかなー。知ることで深く楽しめるってものです。

・・なんていいつつも、素敵な仲間と楽しく飲めるのが一番。
3本が尽きたところで、ワインを開け、
火器のないなかMくんが編み出した方法で熱燗を作り、
ゲストのニコラスが持ってきてくれた「サルミアッキ酒」をテイスティグし、
ワイワイ飲み続けました。そのまま二次会へ行く者たちもいたとか。

今年もたくさんの美味しいお酒を面白い仲間たちと飲めました。
初めて飲んだ「サルミアッキ酒」も美味しかった!(感想は個人のものです。)
私自身は「こんなに大酒飲みなのに生きていられるなんて、人体の不思議ですね!」
と褒められる(?)ことも多いですが、来年もほどほどに楽しんでいきたいです。

来月の蔵部も楽しみーー!!
みなさま、よいお年をお迎えください。


去る11月30日に撞球(どうきゅう)&投矢(とうや)部の活動を行いました。
今回、我らは趣向を変えてボーリングに行きました。
ビリヤード、ダーツと行ったら次は必ずボーリングでしょう。
うちの田舎の遊び場は2010年ぐらいまでカラオケの他はゲーセンとボーリングしかありませんでした。
なのでボーリング場に行くと必ず同級生がいる始末。
そしてバイトも同級生というお前らそこしか行くと来ねえのかと説教したくなる状況でした。
最近快活CLUBができたのでビリヤード、ダーツの文化が浸透しはじめました。
本当にいい時代になりましたね。

その話は置いといて、
そんなこんなで我々は皆ボーリングにも造詣が深かったので熱い戦いを繰り広げることができました。
ボーリングの投げ方って皆さんご存知ですか。
今回は人それぞれの投げ方が炸裂しました。
両手で投げる人、助走なしで投げる人、股から投げる人、様々な必殺技を出し合い、
より深い戦いになりました。
今回優勝者とビリに賞品がでました。
もちろんビリは自分です。平野です。

dsc_0104
やったぜ。

そんなこんなあった11月撞球&投矢部 の活動です。

img_1640


皆さま、こんにちは!
映画部メンバーのおばぁやんです!!

今回はオフィスが新しくなってから、初のプロジェクター上映会でした!
新しいオフィスのキレイなプロジェクターとスクリーンで観る映画は、これまた美しく、今まで以上に内容に入り込めました♪♪

そして、そんなNewシステムで観た初めての映画は「ポーラー・エクスプレス」!!
img_9580

2004年に公開されたこちらの映画は、全編CGアニメーションで構成されています。
トム・ハンクスをはじめとする実際の俳優の動き・表情をモーションキャプチャによって記録し、
そのデータから登場人物となるキャラクター達をCGで作成したそうです!
実際の人間の動きを使用しているので、その時代のCGとは思えない
ほど自然な動きで、キャラクター達が生き生きとしていました!
(※キャラクターの顔がリアル過ぎて、若干怖い部分もありましたが…笑)

お話のあらすじとしては、
クリスマスイブの夜、サンタクロースを信じられなくなった少年のもとに、突如大きな蒸気機関車が現れます。
中から降りてきた乗務員は、これは北極点へとむかう汽車「ポーラーエクスプレス」と言うのです。
この汽車には、少年のほかにもサンタを信じる少年少女を乗せて、さまざまな大陸、海上を走り続けます。
旅の最中には数々の事件や不思議な出来事が起こりますが、
その出来事のおかげで、少年たちは自分に必要なものに気づいてゆくのです…
というもの。

この映画、ぶっちゃけ前半は「あれ?これ何の話かしら…」と思う場面が多々あり、
少し不安(笑)に感じるのですが、ずっと観て行くと、
ドキドキハラハラする場面が増えてきて、どんどんと物語に引き込まれ…
最後には心をあたたかく、ほっこりさせてくれました♡

幼い頃、サンタさんを信じて、サンタさんに手紙を出していたピュアなあの気持ち…
大人になった今でも、そんな「何かを信じる心」は忘れずにいたいな、と思わせてくれる映画でした♪♪

クリスマスシーズンにぴったりなこの作品、皆さまも是非観てみてくださいね☆(^u^*)/