Palo Alto – 株式会社ゲットイット
IT機器保守:Palo Alto 製品
サポート終了後の

Palo Alto製品のEOSL延長保守・第三者保守

ゲットイットでは中古製品を利用した、幅広いPalo Alto製品の第三者保守が可能です。2009年のサービス開始以来EOS/EOL製品の継続利用に課題を抱えるお客さまに、延長保守サービスの提供や、修理の提供などを実施し数々の実績を上げております。

既存システムを使い続けたいときに

「どうせ壊れないなら、できる限りシステムにコストはかけたくない」。新製品にはない機能やリスクを鑑みても、既存システムを使い続けたいというユーザー向けに「ユーザーが主体的に第三者保守を利用しシステムを使い続ける」という選択肢をゲットイットは提案します。EOL製品に新しい選択肢を。

Palo AltoのEOL製品に第三者保守という「新しい選択」

ゲットイットはEOLを迎えるPalo Alto製ワークステーション、サーバー、ストレージ、ネットワーク製品について、最低でもサポート終了後7年間の継続利用=延命を提案致します。EOLを迎えたPalo Alto製品の運用については「システム利用を継続するが、万が一の時に誰にも助けてもらえない」や、「交換用のパーツが手に入らない可能性がある」などのリスクを負いながら現行システムの利用を継続するか、もしくは莫大な投資をしメーカーの提案する新しい製品に移行するかを選ばなければなりません。新製品への移行はOSの変更を伴うため9割以上のハードウェアリプレースに対して、アプリケーションの更新までもが必要になります。

延長保守サービス一覧

ゲットイットでは、お客さまのご状況に合わせカスタマイズ・オーダーメイドの保守サービスをご提案いたします。 掲載にないサービスのご希望や掲載時間外の対応におきましては、お気軽にご相談ください。

オンサイト保守

サービス名
オンサイト保守 平日(8x5xNBD CON-OS )
オンサイト保守 24時間365日(24x7x4 CON-OSP)
サービス内容
一次切り分け後の障害コールの受付~障害箇所の特定~当社エンジニアのオンサイトによる障害対応までのサービスを一貫してご提供します。
一次切り分け後の障害コールの受付~障害箇所の特定~当社エンジニアのオンサイトによる障害対応までのサービスを一貫してご提供します。
受付時間
平日9~17時(年末年始を除く)
24時間365日
対応時間
障害個所特定後、翌営業日に駆付けます。
障害個所特定後、4時間以内を目標で駆付けます。
切り分けサポート
エンジニアの派遣
対応地域
全国一律当日対応可能(*) *離れ島等、一部対象外
全国一律当日対応可能(*) *離れ島等、一部対象外

預託保守

サービス名
預託保守(8x5xNBD ESC)
サービス内容
保守開始時点で、保守に必要なパーツをお客さまご指定の場所に配備します。 故障の際は保守パーツからお客さまにて交換を行っていただきます。 交換後の不良パーツをゲットイットまでご返却いただき、故障した部分のパーツの代替品を発送いたします。 契約期間中、保守で使用したパーツは補充いたします。
受付時間
平日9~17時(年末年始を除く)
対応時間
翌営業日以降、補充パーツ発送
切り分けサポート
エンジニアの派遣
対応地域
全国対応(必要パーツを、お客さまご指定の場所に配備)

スポット保守

サービス名
スポットパーツデリバリー保守
スポットセンドバック保守
スポットオンサイト保守
サービス内容
未契約の機器に対する保守サービスです。都度お見積りにてパーツデリバリーサービスをご提供いたします。
未契約の機器に対する保守サービスです。故障した機器を弊社にお送りください。障害個所の交換後、正常動作確認の上返送します。
未契約の機器に対する保守サービスです。都度お見積りにてオンサイト保守サービスをご提供いたします。
受付時間
平日9~17時(年末年始を除く)
平日9~17時(年末年始を除く)
平日9~17時(年末年始を除く)
切り分けサポート
無/有
無/有
エンジニアの派遣
対応地域
全国対応
全国対応
全国対応

パーツデリバリー

サービス名
パーツデリバリー
サービス内容
サーバやネットワーク機器などの障害発生時、故障した箇所のパーツ(代替品)をお届けいたします。お客さまのご希望に応じ、パーツ単位でリクエストに対応いたしますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

Palo Alto機種EOSL日付検索設定

日付表示順序指定:
シリーズ名セレクト:
型番を入力:
検索結果最大表示数:

Palo Alto機種EOSL日付一覧:(抜粋)

設定した検索条件: シリーズ未選択 / 検索結果最大表示数:500 /

検索結果件数: 30
Palo Alto登録製品数: 30

Now Loading...
シリーズ名
型番
製品名・スペック
メーカーサポート終了
終了予想
PA-4000 Series
PA-4020
2019-04-30
PA-4000 Series
PA-4050
-
2019-04-30
-
PA-4000 Series
PA-4060
2019-04-30
PA-2000 Series
PA-2020
-
2020-04-30
-
PA-2000 Series
PA-2050
2020-04-30
LightCyber Magna Detector
D-300
-
2020-12-31
-
LightCyber Magna Detector
D-500
2020-12-31
LightCyber Magna Detector
D-1000
-
2020-12-31
-
LightCyber Magna Probe
P-50T
2020-12-31
GlobalProtect Mobile Security Manager
GP-100
-
2021-04-30
-
PA-200
PA-200
2023-10-31
PA-500
PA-500
-
2023-10-31
-
Panorama
M-100
2023-10-31
PA-5000 Series
PA-5020
-
2024-01-31
-
PA-5000 Series
PA-5050
2024-01-31
PA-5000 Series
PA-5060
-
2024-01-31
-
PA-7000 Series
PA-7000-20G-NPC
2024-01-31
PA-7000 Series
PA-7000-20GQ-NPC
-
2024-01-31
-
PA-3000 Series
PA-3020
2024-10-31
PA-3000 Series
PA-3050
-
2024-10-31
-
PA-3000 Series
PA-3060
2024-10-31
Panorama
M-500
-
2025-02-28
-
PA-7000 Series
PA-7050-SMC
2026-02-28
PA-7000 Series
PA-7080-SMC
-
2026-02-28
-
PA-7000 Series
PA-7000-LPC
2026-02-28
K2-Series
PA-5280-K2
-
2026-02-28
-
K2-Series
PA-7050-K2
2026-02-28
K2-Series
PA-7080-K2
-
2026-02-28
-
PA-7000 Series
PA-7000-20GXM-NPC
2026-05-08
PA-7000 Series
PA-7000-20GQXM-NPC
-
2026-05-08
-

ゲットイットのIT機器保守

ゲットイットでは、Palo Alto製品以外の保守(EOSL,第三者保守)サービスも提供しています。

よくある質問

Q.Palo Alto製品の第三者保守実績はありますか?

A.Palo Alto製品の第三者保守について、多数の実績がございます。詳細な業種事例をご希望の場合は、お気軽にお問い合わせください。

Q.Palo Alto製品のEOSL延長保守は、短期間でも対応可能ですか?

A.はい、短期間でも保守可能です。最短でスポット保守(修理対応)、その他「リプレイスまでの繋ぎで3ヶ月だけ」などお客さまのご希望に合わせて柔軟に対応しております。保守開始時期につきましてもお気軽にご相談ください。

Q.Palo Alto製品を第三者保守にすると受けられなくなるサービスはありますか?

A.Palo Alto製品を第三者保守(EOSL 延長保守)へ移行した場合、提供が受けられなくなる主なサービスとして以下があげられます。
・ファイアウォールの提供・情報提供がなくなります。
・ハードウェア障害の自動発報等の機能がある製品では、その機能が使えなくなります。
・ハードウェア・ソフトウェアの障害切り分けは、お客さまご自身で行っていただくこととなります。

Palo Alto製品を第三者保守に切り替える際、お客さまより一番ご質問を受けるのが「障害切り分け」についてです。詳しくは、上記「[%メーカー名%]製品機器の障害切り分けはどの様に行われますか?」の回答をご覧ください。 ご不安な点・ご心配な点はしっかりサポートいたしますので、いつでもお気軽にご相談ください。

Q.Palo Alto製品機器の障害切り分けはどの様に行われますか?

ハードウェア・ソフトウェアの障害切り分けは、お客さまご自身で行っていただくこととなります。
メーカー保守ではソフトウェアも含め復旧するまで丸ごと対応を行うことが通例ですが、ゲットイットの第三者保守は、あくまでハードウェアの第三者保守(EOSL 延長保守)サービスとなります。そのため、障害切り分けはお客さま側で行っていただく形となります。

もちろん、切り分けにあたりどんな情報が必要なのか、何を・どこを確認すれば切り分けが可能なのか等、ご不安な点はしっかりサポートいたしますので、いつでもお気軽にご相談ください。

Q.ホームページに保守期限が掲載されていないPalo Alto製品機器のメーカー保守は、いつ頃終了しますか?

一般的に、メーカー製品は販売終了から5年〜7年でEOSLを迎えます。ゲットイットのホームページに未掲載の機器でも、既にEOSLを迎えている機器・保守サービスを失効されている機器の第三者保守や、複数メーカーの保守窓口一本化など、お気軽にご相談ください。

Q.駆け付け時間はどのくらいかかりますか?

オンサイト保守(24時間365日)サービスでは「障害個所特定後、4時間を目標に駆付け」となります。オンサイト保守(年末年始を除く平日9時〜17時)サービスでは「障害個所特定後、翌営業日の駆付け」となります。ゲットイットでは、お客さまのご要望に沿ったサービスメニューをオーダーメーイドでご提供しておりますので、お気軽にご相談ください。