2018年10月19日
朝礼の意味

僕は朝礼って全くもって時間の無駄だと思って創業から8年目ぐらいまでやっていませんでした。(し反対派でした)

ところが、もっと情報の共有やコミュニケーションを促進したいという声が上がり
メンバーの発案で朝礼をやることになりそれから結構長いこと(3年ぐらい?)
毎日お題を決めて、違う人と話すということをやっていました。(当初僕は参加してませんでした)

モデルとしたのは「沖縄教育出版」さんです。
朝礼を続けて行くと、不思議と会社の雰囲気が良くなって行きました。
おそらく、個々人の背景的な話をする機会が増えたため、結びつきが強くなったり、
意見の背景などもわかるようになった為だと予測しています。
ただだんだんとマンネリ化してきて「なんのためにやってるのか?」がわかりにくいただのおしゃべりの時間となって行き、
「忙しくて派遣さんまで(結構大量に)お願いしてるのに朝礼でおしゃべりなんてやってる場合なのか?」という声が上がり
それもそうだと言って、コミュニケーションの時間を省き、情報の共有だけの朝礼になってしまいました。

最近また朝礼は復活しはじめています。
・はじめに始めた理由
・やめて分かったこと
・バージョンアップ(← イマココ)

今回の朝礼は以前の失敗を乗り越えた、次のバージョンにしないとな。

アバター
nishi

▼「営業」「営業事務」の求人掲載中。ご応募お待ちしております!

女の転職type-女性の転職サイト