UNIX EOSL 保守終了製品の延長保守・修理

ゲットイットではメーカーサポートの切れたSUN、HP、IBMなどの製品も継続サポート可能です。

EOS EOL!?

「え!メーカーサポート終了!?まだ使えるし、新規のIT投資をしたくないのに!」突如送られてきた保守終了の通知。
お客さまの都合に関係なくメーカーから送られてくる『保守打ち切りの通知』が、お客さまのビジネスに与える影響は決して少なくありません。

システムを握られたらビジネスはお客さま主導ではなくなる

安定稼働しているシステムも、ハードウェアメーカーの都合で入れ替える必要が出てくるようであれば、
貴社のビジネスの根幹はハードウェアベンダーに握られていると言っても過言ではありません。

ゲットイットでは延長保守が可能です。

ゲットイットでは創業以来、「SUN」「HP」「IBM」といった主要メーカーのUNIX製品を専門に扱ってきました。
ゲットイットでは中古製品を利用したHP、SUN、IBMなどのUNIXサーバー、UNIXワークステーションの延長保守が可能です。
お客さまのご要望に応じてパーツの供給から、コンポーネントの交換まで幅広く対応致します。

 

UNIX製品 EOSL延長保守サービスの事例
お客さま業種:製造メーカー
ご要望   :現在使っている保守の切れたC8000ワークステーションが壊れた時の為に、まったく同じ状態の予備機を作りたい。
保守レベル :一年間センドバック修理
詳細    :平日連絡受付後、翌営業日オンサイト修理作業

サービス提供の流れ

  1. お客さまから現在稼働している機器のHDDをお貸し頂きました。
  2. 頂きましたHDDの情報をもとに、現行機と全くおなじコピー(複製)を作成。
  3. お貸し頂いたHDDをご返却するとともに、お客様運用中のC8000コピーを納品
  4. 現在サポート中

障がい時にはコピー機を稼働し、障害が起きた機械をゲットイットに返却していただくことで修理。お客さま先でのダウンタイムも最小限に抑えております。

 

中古部材は少なくなっております。

ゲットイットでは安定した品質でお客さまにUNIX製品の延長保守サービスを提供するべく、常に部材の確保を行っておりますが、
対象の機器が中古市場になくなった場合、高額になるケースもございます。
あらかじめ先の延長保守でもお気軽にご相談下さい。私たちはプロとしてお客さまに情報の提供を致します。

 

 

UNIX製品の保守終了でお困りの事がありましたら、今すぐご相談下さい

株式会社ゲットイット
03-5166-0900