Aruba Networks保守終了(EOSL)製品の延長保守・修理

ゲットイットはAruba NetworksのEOSL(保守終了)製品もサポート可能です。

Aruba NetworksのEOS(販売終了)/EOL(保守終了)製品に、第三者保守という新しい選択を提案します。

ゲットイットでは、Aruba Networks製のネットワーク機器について、
最低でもサポート終了後7年間の継続利用=延命保守をご提案いたします。

EOLを迎えたAruba Networks製品の運用については
「システム利用を継続するが、万が一の時に誰にも助けてもらえない」や、
「交換用のパーツが手に入らない可能性がある」などのリスクを負いながら現行システムの利用を継続するか、
もしくは莫大な投資をし、新しい製品に移行するかを選ばなければなりません。

EOLで与えられる2つの選択肢(移行・リスクテイク)はいずれも与えられた選択である

1.Aruba Networks社(もしくは他社の)新しい製品に移行する

2.リスクをテイクし既存システムを使い続ける。

システムの保守サポートが終了とはいえ
「どうせ壊れないなら、できるかぎりシステムに掛けるコストは払いたくない。」
これがユーザーの本音ではないでしょうか?
ここにユーザーが主体的に第三者保守を利用し、システムを使い続けるという選択肢をゲットイットは提案します。

ゲットイットではサポート終了を迎えたAruba Networks製ネットワーク機器の延長保守が可能です。

ゲットイットでは中古製品を利用した幅広いAruba Networks製品の第三者保守が可能です。
サービス開始以来EOS/EOL製品の継続利用に課題を抱えるお客さまに、延長保守サービスの提供や、修理の提供などを実施し数々の実績を上げております。

Aruba Networks EOSL延長保守サービス一覧

サービス名 サービスタイプコール受付サービス内容エンジニアの派遣
8x5xNBDパーツ保守平日
9-17時
故障した部分のパーツの代替え品を
お電話を頂いた翌営業日に配送します。
なし
24x7x4パーツ保守24時間
365日
故障した部分のパーツの代替え品を
お電話を頂いてから、4時間以内に配送します。
(但し、地域によって加入できない場合もあります)
なし
8x5xNBD-ESC先出パーツ保守平日
9-17時
保守に必要なパーツをすべてお客さまの環境に預託します。
故障の際は保守パーツからお客さまにて交換を行ってください。
交換後の不良パーツをゲットイットまでご返却下さい。
なし
8x5xNBD-OSTオンサイト保守平日
9-17時
故障した部分のパーツの代替え品を
お電話を頂いた翌営業日に配送します。
故障パーツの交換は
エンジニアが行います。
24x7x4-OSTオンサイト保守24時間
365日
故障した部分のパーツの代替え品を
お電話を頂いてから、4時間以内に配送します。
(但し、地域によって加入できない場合もあります)
故障パーツの交換は
エンジニアが行います。
SPOTスポット パーツ保守平日
9-17時
故障した部分のパーツの代替え品を
お電話を頂いた翌営業日以降に配送します。
※当日の場合は緊急手配費用が別途必要となります。
なし
SPOT=OSTスポット オンサイト保守平日
9-17時
故障した部分のパーツの代替え品を
お電話を頂いた翌営業日以降に配送します。
※当日の場合は緊急手配費用が別途必要となります。
故障パーツの交換は
エンジニアが行います。

サービス開始までの流れ

  1. 1お客さまから頂いた情報を元に各機種に関する構成情報を抽出
  2. 2それぞれの機種毎にゲットイットにて予備部材を準備
  3. 3サンプルを提供し性能評価
  4. 4契約締結

例えば下記のような機種の継続サポートが可能です。掲載外の製品についてもお気軽にお問い合わせください。

> 例えば、こちらのようなAruba Networks製品の継続サポートが可能です。
掲載外の製品についてもお気軽にお問い合わせください。

ゲットイットはメーカーの保守終了製品を専門として、あらゆるメーカーの中古ネットワーク機器・サーバー・ワークステーションの在庫を豊富に取り扱い、業界にて18年以上の販売実績に基づいた経験と技術があります。

常時1万台を超えるサーバーや、400台以上のワークステーションを保有し、
東京都中央区に位置する好立地条件を活かし、首都圏をはじめとして迅速な対応を実現いたします。

Aruba Networks製品の
延長保守・第三者保守でお困りでしたら、今すぐご相談下さい

株式会社ゲットイット
03-5166-0900