TOP >  代表挨拶

代表挨拶

2001年にたった2畳、天井高1mの屋根裏部屋で社員数1名で登記したゲットイットは19年以上の月日を経て、メンバーとお取引各社、お客さまに育てていただいたおかげで継続してくることができました。2008年の冬 1冊の本を読んで雷に打たれた様な衝撃を受けたのを覚えています。

『企業にとって一番大切な事それは、そこで働く社員とその家族の幸せです。』

それまで、売上の向上や利益を追求すればするほど、働く社員から「また注文か・・・」「忙しすぎ」とか「やってらんない」と文句を言われ、何のために働いているんだろうと悩んでいた私はこのフレーズをみていたら涙が一晩中とまりませんでした。

それからどうしたらもっと会社が社員にとって楽しい場所になるのかを考え、さまざまなことにトライをしてきています。

まだまだ体面や見栄をプライドと勘違いしているような行動もあるかと思いますが自分も含めここで働くメンバー全員が「ゲットイットで働けて楽しかった」と思われる会社を目指して日々経営に携わっています。

廣田優輝
基本データ

生年月日:1980年8月10日 4姉妹の父
卒業大学:東海大学政治経済学部政治学科

ゲットイットでのミッション

1.ゲットイットを人を性別や年齢、学歴などレッテルで見るのではなく1人1人の得意(才能)にフォーカスし、自分の個性が輝く会社になるように貢献します。
2.お客さまの方を向いていい仕事をして欲しいので、上司による評価等を可能な限り外します。
3.働く意欲があるかぎり生涯働け、仲良く仕事ができる会社でありたいと思っています。

週末の過ごし方

家族との時間を大切にしています。週末はまだ小さい4人の娘たちと一緒に公園に行ったり、海に行きサーフィンをしたり、料理をしたりしています。

ワインが好きでよく飲むのですが飲み過ぎると眠ってしまうため最近は気をつけています。

好きな本

  • 「原因」と「結果」の法則
  • 日本で一番大切にしたい会社
  • 自分の小さな「箱」から脱出する方法
  • 道は開ける
  • U理論
経営の参考にしている会社

  • 未来工業
  • ネッツトヨタ南国
  • セムコ(ブラジル)
  • ダイヤモンドメディア
経営に関して影響を受けた人

  • 小林秀司さん(当社社労士)
  • 坂本光司先生
  • 天外伺朗先生
  • 田原実さん
  • 亀井弘喜さん
好きなマンガ

  • キングダム
  • ジャイアントキリング
  • 稲中卓球部
  • 島耕作
掲載記事