社長がバンドをやると

バンドをやってよかったことの中から
今日は2つ書いてみました。

1. 別の組織に属せる
普段は自分の組織のみなので、良くも悪くも自分の意向は強力な力をもちます。
ところがバンドでは1メンバーになるので様々な事象を体験できます。

例えば、
・アイデア出してと言われて言ったら却下されたり
・突然いろいろ決まったり
・直前まで情報が共有されなかったり

あ メンバーからみると自分はこんな感じなんだとか
ここがおさえないといけないツボだったんだ
みたいなことを振り返るいい機会になります。

ちなみに上記の例に関して言えばこれらが「悪いこと」だと思っていません。
バンマスにはバンマスの事情がありますしね。
ただそういう人のフリみて、会社での我がフリを見直す機会ができる
こんな貴重な機会はそうないわけです。

さらに
今は2つのバンドに所属してるので、マネジメントの違いもリアルに体験しています。
曲をつくるにしても制作過程がかなり違うし、そうすると結果できた曲への愛着もちがったりと
こういう事を経験できるのは非常に貴重だなと思っています。

2. 厳しい業界を知れる
芸術の世界は非常に厳しいです。おそらくどの業界よりも一番きついのが
音楽とか、演劇とかなんじゃないかなってぼくは思っています。
なんといっても音楽やるためにバイトをするなんて構造も成り立つぐらい
本当に一握りの人しか食っていけない世界です。
そんなレッドオーシャンで活躍する人の行動を知れることは非常に強力な武器になります。

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

▼現在募集中の職種は採用サイトでご確認ください。
採用サイト

▼「アカウントエンジニア」「レンタル事業営業マネージャー」「人事・採用・総務担当」メンバー募集中です!

▼サーバーエンジニアはJobRainbowからもご応募いただけます!
JobRainbow 外勤営業

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼Wantedly
WANTEDLY