味を言葉にするのってとても難しい – 「蔵部」12月の活動報告

こんにちは!
蔵部12月担当、GKです。

担当になってからというもの、どんなテーマにするかとても悩みました。

出身地の福岡のお酒にしようか?でも詳しくないし、福岡の地酒を意識して飲んだこともないから美味しいかどうかもわからない。。
鳳凰美田(栃木:小林酒造)のいちご酒がすきだからそこのお酒にしようか?でもいちご酒以外飲んだことがないな~。
好きなのは獺祭の二割三分だけど、でもあれは高いしなあ~…
そもそも美味しい日本酒ってどんな日本酒だっけ?レパートリーないぞどうしよう…

悩みに悩んで、そしてついに決めたテーマは・・・じゃん!

『SAKE COMPETITION 2018』入賞

これらは、今年開催された『SAKE COMPETITION 2018』で入賞したお酒なのです!!
そう、つまり今回のテーマは”今年のコンペの受賞作品”です!

『SAKE COMPETITION』とは、日本一美味しい市販酒を決めるきき酒のコンペ。
2012年から始まり、今年で7回目を迎えました。
出品されるお酒はいずれも権威ある方々により、ガチの利き酒…
つまり、酒蔵やラベルなど全く分からない状態で評価されます。

コンペの部門は7つに分かれていますが、今回は以下の部門から4点をチョイスしました。

スパークリング部門から、Gold2位受賞 『一代 弥山 スパークリング』(広島県:中国醸造)
純米酒部門から、Silver受賞 『伯楽星 特別純米』(宮城県:新澤醸造店)
純米吟醸部門から、Silver受賞 『みむろ杉 純米吟醸 山田錦』(奈良県:今西酒造)
純米大吟醸部門から、Gold3位受賞 『作 雅乃智 中取り 純米大吟醸』(三重県:清水清三郎商店)

お味は
スパークリングの弥山は爽やかで、、
純米酒の伯楽星はフルーティーだけど甘すぎず、、、
大吟醸の作はしっかりとしたお米の甘さだけど残らない引き際の良さ、、、
純米吟醸のみむろ杉も大変美味しく。。。あれ?たくさん飲んだのに覚えてないですね!

酔っ払ったのもあるとは思いますが、味を言葉にするのってとても難しいです。
メモ取ろうと思っていましたが、美味しくてそれどころではありませんでした。
とにかく飲みやすかった、美味しかったということが伝わりますように!!

さて、こんなに美味しいお酒たちですが、それに呼応するようにお料理も…!

おつまみ料理

・・・
えー、お料理はたいへんつましいもので、唯一高級でお酒にあいそうなのは、
K造さんが持ってきてくださった明太子
日本酒はやはりどちらかというと魚系のほうが合うのか?でも今回は魚少なめでした。。

また、お酒の差し入れもいただきましたよ。

お酒の差し入れ

写真以外にも差し入れいただいておりますが、全部は写しきれませんでした。汗
差し入れしてくださったみなさま、ありがとうございました。

結局、「自分で美味しいお酒が分からないなら、コンペで受賞したお酒をチョイスしちゃえ~」
なんとも他力本願な感じでテーマをコンペ受賞作品と決めてしまったのですが、
酒屋を自分でめぐったり、コンペのことを調べているうちに、日本酒に対する愛情がずっと深くなりました。

まだまだ知らないお酒がたくさんありますが、蔵部を通してもっとたくさん飲んで知っていきたいなと思います!

*************************************
『SAKE COMPETITION』について、詳しくはこちら
https://sakecompetition.com/
*************************************