しょうがないこと

ゲットイットでは障がいを持った社員の実習受け入れ等を
行っているのですが、前にSさんという方が来たことがあります。

Sさんとのエピソードで忘れられないのが遅刻の話です。

当時10時が出社だったゲットイット たしか雪の日だったと思います。
こんな日だから電車が遅れるのは当然
高校生の僕だったら学校に行かないか、
お昼すぎに学校いったかもしれない(どんな高校時代だったんだw)
バイト時代もどうどうと「電車がおくれたんだからしょうがない」と言ったと思います。

けどこの日どちらにしても遅刻にも関わらず(そして雪)
Sさんは会社に一所懸命に走ってきたんです。
僕はその姿をみて学んだ事がありました。
なんか障がいがあるとかなしとかではなく
働くうえで大切なことを学んだ気がしたのです。

電車がおくれた
風邪を引いた
子供が急に熱をだした
急用ができた

働くうえで、しょうがないことってたくさんあると思うんです。
ただ「しょうがないこと」が起きた時に
それを自分ができることをやって取り返そうとしてるか、
ただしょうがない!で済ませるか
この間には大きい壁があるんだよなって思うわけです。

自分が採用する立場だったら、どちらの人と働いたら気持ちいいんだろう。
僕はそのことを良く忘れる気がします。気を付けないとな

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼海外営業メンバー、外勤営業メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY