大切にしたいことは何か

ウチの会社の面接は三回です。
人事面接、役員面接、最後に現場面接。
最終的な決定は一緒に働く現場のメンバーがします。

中途採用の面接は二回という企業が多いです。
そういう意味では面接が三回あるということが
応募を集める段階や、その選考過程の中で障害になることもあります。

そこがネックになる可能性を考えて「2回に減らそうか」
と検討したこともありますが「双方に納得して入社して欲しい」
という思いから、今でも通常は三回面接をしています。

スキルや経験は書類選考の段階で殆ど判断できます。
面接ではその答え合わせをしてるにすぎません。
それでも三回も面接しているのは会社の価値観に対する共感だったり
この人と働きたいか、という感覚的な要素も含んでいるからかもしれません。

今日とある企業を訪問したのですがそちらの企業では面談も
含めて最低5回、多い時では10回面接したこともあるそうです。
私は一体何を悩んでいたんでしょうか。

直接現場社員と会う最終面接はウチの会社の採用においてとても重要なプロセスです。
大事なことは忘れないように、且つ効率を上げて採用活動していきます。

20181113_192747

酒瓶が目立ちますが、ご覧になっていただきたいのは手前の丸いヤツです。
アボカドを育てている模様。

採用担当:加藤 綾
舞台に立つことを夢見て上京、その後就職するも前職をわずか3か月で辞め2017年1月に営業としてゲットイットに入社。OJT研修を通じてゲットイットに足りないのは「人」だと感じ採用への配属を志願。2017年4月より採用担当として修行中

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼海外営業メンバー、外勤営業メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY