問題解決と問題対処②

課題を見つけた時の策それが問題対処に当たるのか問題解決になるのかを見分ける方法です。

この方法はネッツトヨタ南国の横田社長の横田塾に参加した時に教えてもらったものです。

課題に対して直接的(見えてる部分)にアプローチしてるときは問題対処。
そして、見えにくい部分にアプローチしてるときが問題解決という見分け方です。

例えば「忙しくて大変だ」という時に見えてる部分「忙しい」に直接的にアプローチして例えばメンバーを増やしたりというのが問題対処。そして「忙しいの背景」にある仕組みなどにアプローチするのが問題解決。という違いです。

会社の中では日々「こうした方がいいのに」と感じることがあると思います。そんな時は対処が必要なこともあると思います。ただその裏にある仕組みや流れがそもそも効果的なものなのかを再確認する癖をつけないといたずらに業務が拡大していくので気をつけないといけませんんね。

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼海外営業メンバー、外勤営業メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY