頭の回転とブラフの罠 – アソブログ 7月の活動報告

こんにちわわ!卓上遊戯倶楽部、略して遊部の平野です。
猛暑が続いていますね、みなさん体調は大丈夫ですか?

夏だ!夏休みだ!宿題は後にして海に山に川に遊びに行こうぜ!

そんな若かりし頃はもう遠い昔、
今は「熱中症に注意してクーラーを効かせた室内で楽しく過ごしましょう」とニュースで流れる時代になっちまったってもんですよ。
さて、クーラー大好きインドア遊部は7月も活動を行いました。
SEO的な部分で言うと素晴らしいテキスト量になりました。頑張って読んで。

卓上遊戯倶楽部 7月活動

◆開催日:2018年7月26日
◆場所:勝どき区民館
◆参加者:5人

<今回のラインナップ>

*SET(セット)
*BLUFF(ブラフ)

人には向き不向きがある。
だが自分の向き不向きを学ぶことができたなら、どんな不向きさえ、大きな成長なのである。
ひらの。

今回はみんなの向き不向きがしっかりあらわれた、本当に良い遊部でした。

■SET(セット)

超有名ボードゲームシリーズの1つです。まぁカードゲームっすけど。
完璧な脳トレです。
12枚並べられたカードから、3枚1セットをどんどん見つけていくゲームです。
何が1セットに数えられるって?
ここからはよーく画像を見ながら読んでください。

set_01

1つのカードに、色・形・塗り方・数の4要素入っていますよね。

この4項目(色・形・塗り方・数)それぞれが「3枚ともバラバラ」or「3枚とも同じ」で構成されてる3枚1セットです。

…は?

そうですよね、分かります、僕はこのゲームめちゃくちゃ苦手です。
上の図だと、右から2番目の列、紫ダイヤ3白抜き・赤ダイヤ2トーン・緑ダイヤ1ベタ塗の3枚がセットです。
塗り部分の説明が漫画大好きオタクっぽいですねスミマセン。
色:バラバラ、形:同じ、数:バラバラ、塗:バラバラ、こういう感じの組み合わせを見つけていきます。
お、よく見たら左から2番目の列もセットじゃん。
赤丸1白抜き・紫丸3トーン・緑丸2ベタ。
残りはこの画像にはなさそうですね。取って抜けた部分には山札で補充していきます。
この脳トレゲー、途中から僕がセットをあてると、みんなが拍手して「すごい、よくわかったね」と言ってくれるようになりました。
承認欲求がめちゃくちゃ満たされました。僕、明日からも頑張る…。
結果はしほちが圧勝も圧勝。すげえ!こいつすげえ!!って感動してたら、なんと「このゲーム前にもやったことがある」
…………いや、でも、頭の回転がすごいっす。

そろそろなんかこのブログ、違和感感じてきましたか?
その違和感の正体は後程。

set_02


■BLUFF(ブラフ)

今日一番の目玉はこれです。
ブラフって言葉、ボードゲームだとよくゲームの種類の時に
「これはブラフゲーの一種です」とかいう使い方するんですが、ハッタリって意味です。
だまし合い。
トランプだとポーカーとかダウトがブラフゲーに入ります。
今回このゲーム、何が面白かったって、遊部一、いや、ゲットイット一寡黙なクールガイのY太が、本領を発揮したことです。
この男、背が高くメガネをかけ、低めの声で、丁寧な言葉遣いをし、静かにしゃべります。
そして誰に対しても優しく、まじめで、人間として「いいやつ」なんです。
多分この男のデフォルトそのものが、このゲームに向いていたんじゃないかと思います。

BLUFF_01

このゲームは1人5個ダイスが配られ、チンチロリンみたいに、カップにダイスを入れて振って、そっと自分のダイスの目と数を見ます。
ちなみに画像に映ってないですが、6の数字は無く、代わりに☆の目が1つあります。
この☆は、トランプのジョーカーみたいな役割で、どの数字にもなります。
で、手番になったら盤においてある赤いサイコロを、好きな目を上にしてコマにおいていきます。
例えば、2を上にして、4の四角におく、するとこれは「全員のダイスの中に、2のダイスが4つ以上ある」という宣言です。
次の手番の人が、それが「ブラフ」かそうじゃないかをいいます。
いや、あるんじゃないか?と思ったら、置かれたコマより先のコマに好きな目を上にしておくか、
同じコマで数字を大きくします。
☆が書いてあるコマには☆を上にしてしか置けませんし、数えていいダイスの目は☆だけです。
このゲームの説明書、出だしの文章が「僕は5が13個あると宣言するよ!」「え!そんなに?!」みたいな感じで始まるんですが、
全く同じことを最初に言ったやつがいて、なんとそのとき本当に5が13こありました(☆もカウントしてます)。
でも54姐さんが、謎のプレッシャーにやられてコマを進めてしまい、僕のブラフ宣言によりダイスを1つ失いました。
あ、そうそう。
ブラフ宣言に成功すると、その前の手番の人(ダイスをコマに置いた人)が実際の数との差分だけダイスを失います。
もし僕がブラフ宣言をして失敗すると、僕が差分だけダイスを失います。
さらにもし、ブラフ宣言をして、手番の人が置いた目・マスと実際のダイス状況がピッタリ賞だったら…
手番の人がスーパーえらい人として崇め奉られ残り全員が1つずつダイスを失います。

Y太の強いところ、それは長年一緒に仕事をしてきた全員に染みついた、「こいつ真面目だから嘘つかなそうだな」感。

Y太の次の手番はY太の同期のしほちだったのですが、
Y太は嘘つかないから、Y太が☆4つっていうならY太の手元に☆が4つあるんだろう
という感じで絶対にブラフ宣言をしませんでした。

ちなみにY太は僕の次だったんですが、容赦なくブラフって言ってきます。
そうして気づくと、Y太と54姐さん以外のダイスはどんどん減り…
もう最終的に誰が勝ったのか忘れましたが、本当に爆笑が絶えない良い部活でした。
ちなみに、今回の遊部のブログ、平野っていうのはブラフです。

へへ、じゃぁいったい僕は誰でしょ~か。

遊部でした。

asobu_201807