面接で企業が志望順位を聞く理由

皆さんこんにちは。

先日、若手が集まる採用会に参加してきました。
その中で
ー「御社が第一志望です」って言わないと落ちるんですか?
ーそれを聞いてどうするんですか?
という質問がありました。

まず、少なくとも私は第一志望じゃないからと言って落としたりしません。
大企業で採用に困らない場合はいざ知らず。
何故聞くかというと、候補者の方がなにを基準に企業を選んでいるか知りたいからです。

志望動機を聞けば、ウチの会社にあることは言って貰えますが
ウチの会社が持ってなくて候補者が求めている部分はわからないですからね。
もし「この人と一緒に働きたい!」と思ったらこちらも全力で採りにいきます。
求職者が就職活動に必死なように、企業も採用活動に必死なのです。

これはあくまで私の考えですので他の面接官の意図は正直わかりません。
でも落とすためではないのでめげずに選考に臨んでいただければ幸いです。

それでは、また次回。

(ブログ更新に目覚めた採用担当:加藤)

採用担当:加藤 綾
舞台に立つことを夢見て上京、その後就職するも前職をわずか3か月で辞め2017年1月に営業としてゲットイットに入社。OJT研修を通じてゲットイットに足りないのは「人」だと感じ採用への配属を志願。2017年4月より採用担当として修行中


ゲットイットの採用情報についてはこちら
採用サイト