コロナ後の日本を創る若い世代へリユースPCを40台寄贈:認定NPO法人D×Pと連携し、10代を中心に支援を実施

多様な社会を支えるのは、多様な人がいる会社

2020年10月8日、株式会社ゲットイット(東京都中央区 代表取締役 廣田 優輝)は、認定NPO法人D×P(ディーピー)(大阪府大阪市 理事長 今井紀明、以下D×P)に対し、リユースPCを30台寄贈いたしました。8月に寄贈した10台を合わせ延べ40台を、D×Pを通じて経済的困窮家庭の10代を中心に配布いたします。

新型コロナウイルス感染症による、若者の生活・就業への影響

D×Pが独自に行ったアンケート調査(進路・就職LINE相談「ユキサキチャット」に登録する10代〜20代 有効回答110件)によると「アルバイトをしている」と答えた37名の約半数が、「シフトが減ったので収入が減る」と答えています。
さらに、高卒求人数は前年同期比の24.3%減(厚生労働省 2020年度(令和2年度)「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況」)と発表。
10代や高卒者が選択できる職業を広げ、働く機会をつくることが重要な課題となります。

 

リモートワークの増加と必要不可欠なPCスキル

2020年4月の緊急事態宣言を機に、多くの企業が在宅勤務を導入するようになりました。
オフィスの維持コスト削減や、社員や家族の安全が守られ通勤時間も削減できるといったメリットから、大手企業を中心に緊急事態宣言解除後も在宅勤務を継続する動きが広がっています。
若者の職業選択肢や働く機会を広げていくためには、PCスキルを身につけておくことは必要不可欠と言えます。

 

経済的困窮家庭の若者にリユースPCを寄贈

1台あたり数万円するパソコンは、経済的困窮家庭にとって簡単に入手できるものではありません。
将来を担う若者が、パソコンが使えないために就業・収入が制限され本来の能力を発揮できなくなることは、社会にとって大きな損失です。
ゲットイットはD×Pと連携し、弊社で買取り整備したリユースPCを経済的困窮家庭の10代を中心に贈ることにいたしました。
配布されたパソコンは、タイピングやオフィスソフトの練習、プログラミング、学校の課題や学習等に活用されています。

D×Pとゲットイットは、今後も幅広く連携を行ないます。D×Pがつながる10代の職場見学を受け入れ、パソコンの配布から職業観・勤労観の育成までサポートの幅を広げます。

 

認定NPO法人D×P 理事長 今井紀明氏よりコメント

あるひきこもっていた10代からユキサキチャットに相談がありました。一緒にこれからのことを考え、プログラミングを学ぶことになりました。数ヶ月が経ったいま、その子はアルバイトを始め、家庭の状況も少しずつよくなっています。

また、相談者本人の特性や状況に合わせ、在宅ワークを勧めた例もあり、正社員として雇用されるケースもでてきています。

パソコンを渡すこと自体や学んだことが、直接将来につながるかはその時点ではわかりません。ただ、何かを始めることで本人の自信となったり、周囲の環境が変わることもあると感じます。どんな状況にある若者も、ひとりひとりに可能性があります。

ユキサキチャットの登録者は、2000人を超えました。日々、さまざまな相談が寄せられ、NPO、企業、行政機関と連携することも多くなってきています。
貧困や困難な状況にあることを「自己責任」と言って切り捨てない社会を目指したい。手は動かせなくても寄付や寄贈、働き先をつくることなど、できることはたくさんあります。ひとつのNPOだけでできることは少ないですが、ひとりひとりのお力添えがあることの積み重ねが10代の未来を作ります。NPOを8年間やってきて、その力は小さくない、むしろひとりの高校生に与える影響は大きなものです。一緒になってサポートしましょう。

 

株式会社ゲットイット代表取締役 廣田よりコメント

廃棄されていくIT資源を活かし、日本の未来に繋げていくために私たちにできることがまだまだあるはずだ。そう漠然と考えていた時に、ご縁があって今井さんとお会いしました。 D×Pの活動、そして貧困や困難な状況にある10代の存在を知った時、まだ使用できるパソコンを次世代に届ける事が一番の有効活用なのではないかと、寄贈がスタートしました。

私も10代の時に、パソコンを手にして人生が変わったひとりです。 本来ならば産業廃棄物として解体され埋め立てられていたかもしれないパソコンが若い世代に届くことで、新たな可能性が生まれはじめていることに大きな期待を感じています。 私たちは私たちにできる支援活動を続けながら、共感してくれる仲間を募集し、共に支援の輪を広げていきたいと思っています。

 
 

ゲットイットのリユースPC寄贈活動について

弊社では、企業の社会的責任(CSR)を強く認識し、2015年より慈善団体を通じて途上国への再生PC寄贈活動を行っております。また、2019年からは国内団体への支援もスタートさせました。寄贈先の団体は、社員づての紹介やかつて社員がボランティアで参加した団体など、「縁」のある団体と関係を築き「細く長く」を心がけて活動を行っております。
コロナ禍による学校休校の影響から、学習支援系NPOや児童養護施設など教育と密接な関わりのある慈善団体からのPC寄贈依頼が例年よりも多く寄せられています。

寄贈用に十分なスペックを有するノートPCを無償でご提供いただける企業様は、共同名義で慈善団体への寄贈を行うことが可能です。
スペック等詳細はこちらをご参照ください。

認定NPO法人D×Pへ、リユースPCを寄贈いたしました

 
 


認定NPO法人D×P(ディーピー)
通信・定時制高校とオンラインの両方で、生きづらさを抱えた10代に「つながる場」を届けるNPOです。不登校/中退経験や経済的困難などさまざまな事情をもった10代と学校やオンラインでつながり、仕事など次のステップにつながるようにサポートしています。コロナ禍においては、LINEや若者向けSNSをフィールドにオンラインでの相談事業を実施。提供する進路・就職LINE相談「ユキサキチャット」は登録者が2000名となりました。在宅ワークなどの情報提供も進めています。

> 認定NPO法人D×P(ディーピー) 公式サイト
> ユキサキチャット

 

本件に関するプレスお問い合わせ先
担当者 :川澄(かわすみ)
メール :
電話番号:03-5166-0900