ロシア語の簡単な部分 – 「語学部」の活動報告~ロシア語編~

今は英語とロシア語の勉強をしているので、両方の言語で書いてみます。
先日英語の方をアップしたので今回はロシア語です。
とはいえロシア語はまだ文章が書けないので、日本語でロシア語のことをお伝えします!

最近は旅行で使える表現をメインに勉強しています。
ロシア語は難しそうに見える(実際難しい)のですが、簡単な部分もあります。

◆ 読み方
例えば英語と違って、単語は文字通りに発音すればだいたいOKです。
まず読み方を覚えるのと、大体ってところが大変なのですが…笑

◆ 冠詞がない
英語はaとかtheを付けるつけないで苦労しますが、ロシア語にその苦労はありません。

◆ be動詞がない
主語や時制によって変化する、とても短い、でも重要な単語はロシア語には関係ないのです。

まとめてみると、英語では
Where is the washroom?(お手洗いはどこですか?)
となるところがロシア語では
Where washroom?
つまり
Где туалет? グヂェー トゥアリェート

となります。
単語の綴りを英語のアルファベットに直すと「Gdje tualjet」となるので、読み方も何となく分かります。
とりあえず場所を知りたいときは「Где 」と場所の名前が言えればOKなので安心です。
でも返事は何を言っているか分からないので、ジェスチャーと気合でがんばるしか…いや、返事も分かるように勉強します!