求めるは『にぎやかな中年』②:営業って大変?数字は?飲み会は?

求めるは『にぎやかな中年』②:営業って大変?数字は?飲み会は?

にぎやかな中年座談会(?)第二部は、現在法人営業のセールスリーダーを務める渡辺さんを中心に、ゲットイットの営業に関するあれこれトークをお届けします。にぎやかな中年の皆さまに届きますように!

|インタビュイーメンバー|採用担当:加藤、 IT事業部 法人営業:渡辺、 キッチン事業部:田口、 web担当:web


―――ゲットイットの営業の良さや、ここが大変というものは何かありますか?

ちょっと、真面目な話をしてもいいですか?

むしろしてください(笑)

(今の時間)なんだと思ってるんですか、渡辺さん(笑)

営業を頑張ってきた人ほど、言い方は悪いですけどゲットイットは楽だと思います!お客さまのご紹介やWebからきたお問合せに、ちゃんと真摯に対応していれば数字につながるので。
あと、業界自体が、新しい会社がなかなか参入しづらいので、そういうブルーオーシャンの中で営業できるってすごくいいと思います。しかも私が入った時って増員の募集だったんですよ。誰かが辞めたから求人してるわけじゃない。増員って、会社が儲かってどんどん広がってきてるっていうことだから、そういう目線で見たらすごくいいんじゃないかなって思います。

勢いがあって、会社にもゆとりがある。人の雰囲気も全部含めてゆとりがあるので、色んなことが試せる時だし、いいと思う。

そこは、本当に働きやすいだろうなって正直思います。「このサービスがいいものかどうかはわからないけど、とりあえず売らなきゃ!」みたいなのが一切なく自信をもって営業できるというのは、グレーな営業も経験してきた身としては羨ましいし、営業経験者だったらちょっと泣きそうになるかもしれない。

感謝の度合いもすごいですしね。お客さんに対して提案して、こっちにとってもありがとうだし、向こうも解決してくれてありがとうっていうのが伝わってくるので。そういう喜びは大きい気がします。あと、私は全くITの知識がないんですけど、それでもSEの人とかアシスタントの人とかみんながいるから、未だに知識は乏しいけど(笑)営業をやれています。

―――「一人ひとりに裁量がある」のがゲットイットの大きな特徴の一つですが、それについてはどのように感じていらっしゃいますか?

入った時に、「この会社の営業は個人事業主」みたいなことを言われたんですけど、たしかに!って。普通の会社だったら上司にお伺いを立てるようなことも、自分の裁量で色々考えて答えを出せるのがすごいなと思っています。そこに「相談しちゃいけない」っていうルールもないから、相談ももちろんしていいし。

でも良い悪い両面あるんですよね。裁量を持つって、誰も決めてくれないことでもあるので。ヒエラルキー組織だったら、意見がぶつかろうが何があろうが、上の人の「はい、じゃあA!」で決まりなんですけど、それがいないので。圧倒的にBが少なくても、「そういう意見もあるね」って、なかなか定まらなかったり。

最終結論みたいなことを自分が果たして言っていいのだろうかっていうのは、結構悩む。

横断的なところですよね。営業さんも、自分で決められる範囲とこれ以上は決めていいのかなみたいに迷うことは結構あるかなと思う。

そこの判断を自分でね。ここはポジティブに決めようとかもあるし、会社に…というか、みんなに聞かなきゃって思う。そう!上司じゃなくて全員に聞く、みたいな。

それは確かに他の会社と全然違うと思う。

普通は上司に聞くんだけど、うちはslackでみんなに聞きます。

みんなに相談しやすいですよね。

本当にそうですね。

―――売上の数字は気になりますか?

気になるんですよー!すごい。やらなきゃ殺されるとか怒られるとかは全然ないけど、でもやっぱり、営業が数字を上げないとみなさん食べていけないっていうのがあるし、それが仕事だから。数字が。だから、数字が上がらないのはマジで辛いです。

(数字が)出ない月はどうするんですか?

上がんない月?はマジで辛くて。本当に、朝から、あ、どうしよう今月…みたいな。

他の人の数字は気になりますか?他と比べてうちは営業しやすいのはありますけど、社内的にはみんな同じ条件だから。

気になる!

案件次第で、すっごい安い機器の場合だっていっぱいあるわけじゃない?

めっちゃあります。

いろんな価格帯のいろんな部材があって、どれが必要とされているかわからないから、そのときの数字だけで一喜一憂するのとは違うような、、

たしかに、私たちの仕事は数字を上げるのは絶対なんですけど、数字だけじゃなくて、「いかにゲットイットを知ってもらうか」っていうところがすごいフォーカスされていて。だから(数字が)上がってないときは、お客さんに会ってゲットイットの紹介をどれだけできているかっていう部分に重きをおいてもらえるっていう会社なんですよね。私個人的には「数字が!」って思うけど、会社的にはそうでもないっていう。

でも、すごく上がったときも、別にみんなで「うぉー!」ってなるわけじゃない(笑)

そうなのよ!

良くも悪くも気にしない(笑)

営業個人の数字っていうよりは、隊(班)のみんなで数字を上げようっていう感じだからかもしれない。例えば、隊の数字目標が今月2,000万円で、私が100万円しかとれなかったとしても、他の人が1,900万円やってくれたらOKみたいな。そういうのもなんかいいですね。カバーし合えるっていうか。あったか~い!って。まぁ、それに甘んじることなくがんばります。

サボるタイプの人いなさそうですもんね。みんな、がんばって盛り上げていこうっていう感じがします。

―――その感じって、どうして出てくると思いますか?

なんでだろうね。インセンティブがあるわけじゃないし、でもみんながんばってますよね。私が思うのは、他の会社って「数字は営業が取ってくる」みたいな感じがあるんですけど、ゲットイットは、もちろん営業の数字なんだけど、なんか一人で取ってる感がなくて。「この機器って手配できるかな?保守できるかな?」っていうのを自分で考えるんじゃなくて、わかんないことはSEとか技術とかいろんな人に聞いて、「あ、じゃあできるね」「じゃあこれを進めよう!おー!」みたいな感じで進めてるから、みんなで取ってる感があるんですよね。だから、「私はこれだけやっているのになんで?!」みたいに思わないっていうのもあるかもしれない。

渡辺さんがみんなから好かれる理由がなんかわかった!

―――「お取引先との飲み会事情はどのような感じですか?

すごいやってる人と、そうでもない人と。私はそんなにやってないです。

そこも選べるんだ!自分で。

それも自由だわ!たしかに!やりたければ、仕事で必要ならどうぞみたいな感じだし、それが必要ないと思えばやらないし。本当にそれはいいですよね、お伺いを立てないでお客さんと飲みに行ったりできるし。

行きたくない接待とか、これは断っていいものだろうかとか、そういうのがもし今後あった場合って誰に相談するんですか?誰に言っても、たぶん「こうしたら?」とかいいアドバイスをくれそうな気はするんですけど。

もしそういう時があったら、隊の誰かに行ってもらうかもしれないですね。自分が絶対行かなきゃいけないものは、一緒に来てもらうとか。私、全然自分のお客さんじゃないところ、しかも隊も違うけど、そこの飲みの席に行ったことある(笑)

えー!!(笑)

そんなことあります?!(笑)

「あ、すいませーん、お酒好きなんで来ちゃいましたー!」って行ったことある(笑)

これから会社が大きくなってお取引先が増えてきたら、断れないような接待とかがもしかしたら出てくるかもしれないですもんね。

たしかに。でも、誰でも付いてきてくれそう(笑)お酒好きな人多いし。

なんなら10人くらいで行っちゃうとか。ゲ…ゲットさん…?!って。

ゲットイット御一行みたいな。

二次会も三次会も来ちゃうみたいな。

新しい(笑)


「求めるは『にぎやかな中年』③:会社の様子は?人間関係は?」に続く

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼物流メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY