従業員

どの会社でもその会社にあった言葉があると思っています
例えば僕のばあい「従業員」という言葉からうける印象があまり好きではなく
「社員」とか「メンバー」という言葉を使ったりします

売上目標という言葉が与える一般的なイメージもあまり好きではないので
ゲットイットでは「目論見」と読んでいます。
目標はゴールにちかい印象ですが、目論見はあくまで目安なので
その地点(売上)が会社に与える影響等も理解してもらった上で
あくまで目安にすぎないという扱いなので、こういう表現を使っています。

そうして会社に合う言葉が残り
合わない言葉がだんだんと使われなくなっていき
その会社独自のノリが出てくると思うんです

音楽やってるときも、慣れてくると
「そこいくよね!」って合うし 慣れるまでは
「ちょっと待ってそこどういう解釈?」とかやったりするのと
似たような感覚だっと思っています

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼未経験サーバーエンジニアを積極採用中です!

▼物流メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY