ハードルが上がる

購買業務をやってると営業からXXをXX円ぐらいで購入できたら
お客様に売れるので探してくださいみたいな情報をもらうことがあります

市販品の缶ジュースで例えると
ほとんどの場合誰かに買ってきてとお願いするとしたら
90円ー150円ぐらいで調達して!ってお願いになると
まぁ妥当な範囲かなと思うのです。

多くの業務ってこの妥当な範囲のパスで回っていくんだと思うのですが
たまにもうどう考えても無理 もしくは桁を間違えたんじゃないかという
パスを受けることがあります。

昨日の場合は、どこを探しても12000円ぐらいで売ってるものを
4000円で欲しいという依頼がありました

こういうのがくると「マジかと思いつつ 燃える」わけです
結局アウトレット品だったら4000円で調達できるので
パーツに欠品があるけどOKであればいけるという回答を出しました。
もし10000円で調達して欲しいという依頼だったらこの回答は出なかったと思います。

業務フローを考えた時 いつも無理難題が降ってくるのは避けたいのですが、
できるかできないかギリギリのパスをもらえたり
ときには絶対無理なパスをきっかけに今までの常識を再検討してみると
あらたな可能性がでてくるんじゃないかなと
この件を通じて考えました。

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

▼現在募集中の職種は採用サイトでご確認ください。
採用サイト

▼「アカウントエンジニア」「レンタル事業営業マネージャー」「人事・採用・総務担当」メンバー募集中です!

▼サーバーエンジニアはJobRainbowからもご応募いただけます!
JobRainbow 外勤営業

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼Wantedly
WANTEDLY