保守と販売どちらがよいか? – 販売事例

お客さま業種
SIer
メーカー
Cisco
対象機器
WS-C3560V2-24TS-E、CISCO892J-K9

◆ゲットイットへのお問い合わせの経緯

EOSLを迎えるにあたり、保守もしくは販売にて提案が欲しいとご相談をいただきました。

◆ゲットイットを利用する前に心配された点

費用感がどの程度になるのかをご心配されていました。

◆ゲットイットの対応

WS-C3560V2-24TS-E、CISCO892J-K9共にゲットイットの倉庫「ZETTA」に在庫があったことからご提供が可能であること、
またお客さまのご状況をお伺いした結果、保守・販売共にメリットデメリットがあることから、保守・販売の両方についてご説明と共にご提案いたしました。
お客さまにてご検討いただいた結果、予備機をご購入いただく形となりました。

他社から「在庫がない」「用意が難しい」と断られたハードウエアでも、一度ゲットイットにご相談ください!

今すぐカンタン無料相談!電話でスピード解決!

EOSLパーツサプライ(EOSL製品販売)についてはこちら
HDD 販売終了製品の販売についてはこちら
テープメディアの販売についてはこちら