「今よりももっといい気持ちで働ける」元大手メーカー50代が転職を決めた理想的なティール組織 – 社員インタビュー

調達営業マネージャー

大手メーカーに22年間勤め、50歳で転職を決めた中村さん(ヒデさん)。
調達営業のマネージャーとして採用され、仲間からの評判にも「おっさんならではの良さがあるんだろうね」と謙虚に語るヒデさんはまさに、ゲットイットの「おっさんになってもかっこよく働ける会社」を体現する存在。「何歳からでももっと楽しく働けるんだ」ということを感じさせてくれるヒデさんのインタビューをどうぞ!

―――転職のきっかけを教えてください。

前職ではホールディングス内で色々な業務を転々としていたんですけど、最後の方にやっていたのが、人のあらを探すような感じの業務だったんですよね。その辺でちょっと自分には合っていないなと。売上とか利益を追求していくようなところがやっぱり向いているんじゃないかなって思ったんですね。
色々条件を出せば、直前にいた営業部門に戻れるんだろうなという感じだったんですけれども、もういいや!って(笑)22年間いたので、ちょっともうまるっきり違う新たな風に触れてみたいっていうのもありましたね。

―――長年勤めていて年齢もそれなりだと、なかなか他に行くという決断はしにくいのではないでしょうか?

同じ会社の中で違う部門に異動した時に、その仕事自体は嫌だったんですけど、「環境が変わると気持ちってこんなに変わるんだな!」って、気持ちが前向きになるのが自分で分かったんですね。それで「違う会社に行ってもし営業に就けるんだったら、もっといい気持ちで働けるよな」って思ったんです。
ただ、正直諦めてはいたんですよ。まず歳も歳でしたし、他でもどうせまたこき使われるんだろうなっていう(長年の)刷り込みもあって。
でもゲットイットを見たときに、『自分で判断して、いいと思ったらやれる』っていうところにものすごい魅力を感じたんですよね。そこがOKということは社員を信頼してくれている会社ということですから。そんな会社あるんだ!って。見つけた時点で運がいいし、入れてさらに運がいい。そういう風に言える会社に入れたのは本当にラッキーだと思います。

―――『自分で判断してやる』というのは、具体的にどんなものがありますか?

皆さんがそれぞれ自由にやっていることによる『弊害』という言葉はちょっと使いたくないですけど、ナレッジが共有されていないところはあるのかなと。成功事例、失敗事例、そういうものを共有していく中で、何か物事を起こす際の一定ラインのものをみんなで話し合うことによってできれば、不安感は減っていくと思うんですよね。そういうのをちょっと取り組みたいなと思っています。そこをベースにして、あとの部分は各自の裁量でね。

―――ゲットイットに入って、何か変化したことはありますか?

やっぱり気持ちよく生活しているんでしょうね。妻からは「表情が明るくなった」って言われました。それが全てだと思います。ということはもう、生活が楽しいとか穏やかとか、そういうことですから。

―――これからチャレンジしていきたいことなどはありますか?

ゲットイットはティール組織っていうのを標榜してやっていこうとしているんですね。ただ、そういう会社だと思って憧れて入って来ているんだけれども、やっぱり22年間の積み重ねで、ヒエラルキー型の組織に慣れ親しんでいる、その鋳型ができちゃっている自分に最近気づいていて。で、このできちゃった鋳型を直す、金型を直すような感じですよね。これが思ったより辛いなと思っています。
ついついトップダウン型の発想になっちゃっているんですよ。何かをやろうと思った時も、前の会社だったら「これでやるぞ!」って言って(部下がそれに従う)。で、自分で決めたのもそうだし、上からトップダウンで来たものも、それはそのまま(やる)。部下から文句を言われても、「うるせぇ、もうこれで決まってるんだ!」って(笑)
でも、ここではそうじゃない。ある程度方向性は決まったとしても、「これこれこうなんだけどどう思う?」って感じでみんなで話し合う。教えちゃいけないっていう感じもありますからね。教えない、叱らない、指示しないとか。そういう社風なんでね。

あとは、ついつい「ちゃんとやってんの?」とか尋問したくなる気持ちにもやっぱりなるんですよね(笑)そこはちょっと今でも悩んでいます。「ちゃんとやっているんですか?」ってやっぱり聞きたいっちゃ聞きたいしね。実際、それに近しいことは幹部向けのミーティングではありますし。だから、今でもそこは悩みながらやっています。
会社自体もそこを模索しながらやっているので、本当に理想のティール組織でやっていけるように自分もチャレンジしたいし、まぁそれは僕だけじゃなくてたぶん全員がチャレンジしないといけないんですけれども、個人的にはそこですかね。

―――仕事以外の部分では何かありますか?

特段何か趣味があるっていうわけじゃないんですけども、楽しい50代60代が送れるって思っているんですよ。そんなワクワクすることもないんだけど、なんかほのぼのと今楽しんでいます。
それはたぶんね、前職の時は「俺が食わしてやっているんだ」みたいな気持ちがあったんですよ、家族に対して。で(その部分は)家族には一切関係ないっていうのは自分でもわかっているんだけども、たぶん知らないうちに態度とか言葉に出ているようなところがあったんですよね。今はそういうのが一切なくなったので、やっぱり非常にいい関係が家族の中でも構築できていると思いますね。で、たぶんそれがずっと続くんだろうなぁと思っていて。できれば60歳以降も働きたいなと思っているんです、この会社で。居場所があればね。

正直言うと僕は飽きっぽいんですけど、もし飽きても「こういうことをやりたい」とか提案すれば、とりあえずは聞いてくれる会社なんですよ。採用されるかは別としてね。そういった意味では、可能性があるんですよね、色々なところに。選択肢があると、人間って基本的に楽しい気持ちになりますよね。だから世の中全体がそうなればいいなって思いますよね。

―――最後に恐縮ですが、腹筋ローラーを始められたきっかけって何ですか?

「ははは(笑)元々太らない体質だったのが、やっぱり年をとってきて太るようになっちゃったんですね。でも筋トレをすると一定の体形は保てるんですよ。恐らく営業だったら、(腹部とかが)デーンとしているよりも…あ、デーンとしている人もいっぱいいるんだけれども(笑)、身なりがきっちりしてて損することは絶対にないので、身なりと体形は営業する上では絶対必要だと思っているんです。
腹筋ローラーなのは、そこに腹筋ローラーがあったからなんですよ。僕、転勤族だったんですけども、(引越の度に)色々な物が無くなっていくし、色々な家具もボロくなっちゃあ買い替えたりするんですけど、なぜか腹筋ローラーだけはずーーっと置いてあるんですよね(笑)使っていないのに。で、これは使わなきゃ損だっていうことでそうなりました。

“ほのぼの”というワードは若手メンバーからはあまり出てこないのですが
ベテランメンバーだとそういう生活への変化があるのかもしれませんね。
これからもたくさんの変化を感じていただければと思います。
ヒデさん!諦めないで転職にチャレンジしていただきありがとうございます!
(採用担当:加藤)

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼未経験サーバーエンジニアを積極採用中です!

▼物流メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY