ホラーぽいけどホラー?じゃない – 「映画部」1月の活動報告

こんにちは!
映画部1月ブログ担当のMです。

1月も12月に引き続き倉庫Zettaでピザを片手での開催でした!

音声や字幕がうまく映せず、苦戦しましたがTくんの頑張りで無事上映!
今月は、こちらの映画を見ました。

『ハッピー・デス・デイ』
ハッピー・デス・デイ
▲映画.com(https://eiga.com/movie/88006/)より引用

 

あらすじ

イケてる女子大生の主人公のツリーは誕生日の朝、見知らぬ男の部屋で目を覚まします。その日の夜、誕生日パーティに向かう道で謎の仮面をかぶった殺人鬼に殺されてしまいます。殺された直後にツリーは目覚め、同じ一日を繰り返してまた殺されます。そして、また目覚めて同じ日を来る返し…。タイムループを止めるには犯人を見つけることだと気が付き、殺されても殺されても犯人に立ち向かいます。ツリーは殺され続ける“殺人ループ”から抜け出せるのか。そして彼女を何度も殺害した、犯人の正体とは…。

自分が殺される誕生日を何度も繰り返す…想像しただけでもとっても嫌ですね。
タイトルとパッケージから怖い映画かな!?と一瞬思うのですが、
ホラーというよりクスっと笑える箇所があり、あんまり怖さは感じず気軽に
みることができました!
スピード感がすごいっ!!

上映後はみんなで、あそこが伏線になっていた~だの、やいやいと感想を言い合いました!みんなそんなところまで見ているんだ!と関心してしまいました…

この作品、映画館で上映している時に見に行きたくて、事前予約までしたのに
日付を間違い、泣く泣く見ることができなかった作品だった(チケット代も無駄に…)ので、個人的には大満足でした~。

なんと2も公開されているようなので、今度みてみようと思っています~!