既にエラーが起きているが、いつから保守が開始できるか。 - EOSL保守事例

お客さま業種
SIer
メーカー
日立(IBM)
対象機器
EP8000/750、EP8000/740
保守内容
平日オンサイト
保守期間
1年間
設置場所
東京都

◆ゲットイットへのお問い合わせの経緯

お客さま企業内でご紹介いただき、既に他の機器の保守についてお話を進めていたところ、
EP8000/750、EP8000/740の両機器についても保守が切れている事が判明したとのことで
お問い合わせをいただきました。

◆ゲットイットを利用する前に心配された点

ご依頼の時点でエラーが起きていた事から、いつから保守が開始できるのかをご心配されていました。

◆ゲットイットの対応

すでに保守切れ及びエラーが発生しているとのことから、まずは取り急ぎ保守の可否を回答いたしました。
他の機器での保守案件が進んでいた事もあり、IBM製品を調達前提でご用意し、相談なども含め柔軟な対応を行う事で安心してご依頼いただけたようです。
ご依頼の時点でエラーが起きていたため、スポット保守・現地調査を実施してからの保守開始となりました。

延長保守、第三者保守についてはもちろん
ハードウエアのことなら何でもゲットイットにご相談ください。

今すぐカンタン無料相談!電話でスピード解決!

その他の製品や保守サービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。