予備機の購入とオンサイト保守ならどちらがいい? – 販売事例

お客さま業種
保険
対象メーカー
Cisco
対象機器
Cisco892J-K9、WS-C2960-24-S

◆ゲットイットへのお問い合わせの経緯

Ciscoのスイッチ・ルーターがEOSLを迎えたため、予備機の購入もしくはオンサイト保守を検討していると、以前よりお取引のあるお客さまよりお問い合わせをいただきました。

◆ゲットイットを利用する前に心配された点

かなり前に一度お問い合わせいただいていた案件だったこともあり、今回のお問い合わせの時点での在庫数や、本当に入手可能かをご心配されていました。

◆ゲットイットの対応

勝どきにある倉庫に一定数の保有在庫があったことから、まずはおおよその在庫数をお伝えしご安心いただきました。購入の場合、オンサイト保守の場合それぞれの価格感などをご提案し、予備機のご購入でご提供することとなりました。

ゲットイットでは、お客さまのご予算や活用方法・運用方法などを伺った上で、1社1社お客さまごとに最適なご提案をいたします。
ハードウエアでお困りの事がありましたら、ゲットイットへお気軽にご相談ください。

ハードウエアの在庫量は都内最大級!
お急ぎの案件や、流通量の少ない機器でお困りでしたら、
ゲットイットへ一度ご相談ください。

今すぐカンタン無料相談!電話でスピード解決!

EOSLパーツサプライ(EOSL製品販売)についてはこちら
HDD 販売終了製品の販売についてはこちら
テープメディアの販売についてはこちら