「マッチスティック・メン」上映会を開催しました – 「映画部」 5月の活動報告

こにゃにゃちわー!!
映画部員のおばぁやんです!

ここのところ急に気温が上がり、春をすっ飛ばして夏になってしまったような天候ですが、皆さま体調は崩されてないでしょうか?
暑いのが苦手な私としては、これから夏が来ると思うととっても憂鬱なのです…。

…でも、そんな憂鬱な季節が来ても、変わらず楽しめるのが、
そう!映画です!!

広い映画館で観るのもよし、お家でまったり観るのもよし、
どちらにせよ快適な空間で映画を観れば、たちまちいろんな物語の世界へトリップできます?
映画はなんと素敵なんでしょう??

…と、前置きはこれぐらいにして…
5月の映画部は事務所でDVD上映会でした!

今回ある部員の提案から、映画部初めての「ホラー会」を開催しようか、という話になり、
ホラー映画大好きな私は張り切って候補を出しました!(計6作品!笑)
※ホラー苦手な部員がほとんどなので、普段は絶対観られないのです笑

他の部員の候補も合わせて投票を行い、最終二択として残ったのが

ホラー映画「死霊館」
ミステリー映画「マッチスティック・メン」

でした!

部員内で決着がつかなかったので、運命を決める最後の投票は、準部員のTくんにお願いして投票してもらいました。

その結果は…

—————————–
マッチスティック・メン

ホラーは苦手です。
—————————–
※Tくんからの社内チャットワーク内容より抜粋

 

ガッッッデムッッッ!!!!!!
初めてのホラー会開催が……私の夢が……
絶たれてしまいました…泣

 

…と諸々ありましたが、今回の映画部では
「マッチスティック・メン」を観ました!

マッチスティック・メン
「映画.com」より引用(https://eiga.com/movie/1524/)

あらすじとしては、

詐欺師のロイは、極度の潔癖症で、オフィスの電話を毎朝消毒せずにはいられず、下着や靴下を小さくたたんできちんと積み上げないと気が済まない。そんな彼も、詐欺を実行している時だけは潔癖症を忘れ芸術的な手腕を発揮するのだった。
ある日、ロイの前に14歳の少女アンジェラが現われる。彼女は離婚した妻との間に生まれたロイの実の娘だった。突然娘と暮らすハメになり困惑するロイだったが、さらに驚いたことにアンジェラは詐欺師の弟子にしてくれと言い出すのだった。

といった感じです。

私はこのあらすじを読んで「ん?これミステリー映画なのか?ハートフルなファミリー映画では?」と思いました。
皆さまももしかしたら同じような感想かもしれません。

「今回はホラー映画を観る予定(勝手に)だったから、ドキドキハラハラする映画が観たかったんだよなぁ…」と落胆していた私。

ただ前評判として「最後にどんでん返しがある」との噂…

ふむ。
では一体どんなものか観てやろうではないか!!

……映画を観終わった感想としては、
「うん、確かにどんでん返しだったわ」
です笑

この手の映画はネタバレしてしまうと途端につまらなくなってしまうので、物語の詳しい内容は言えませんが、主人公が「詐欺師」という職業であること、物語の冒頭から伏線が張られていたこと、詐欺師も結局は血の通った人間なのだということ…
これら全てが合わさり、あのエンディングに繋がったと思うと、とても感慨深いものがあります。

観終わったあと、部員内では様々な意見が飛び交いましたが、それぞれが「こういうエンディングが良かった」「あのシーンはこうなっててほしかった」など、本編とは違う話を望む声も多く、それだけいろんな物語が考えられる映画だったなと感じました。

私個人としては、なかなか良い終わり方だったのではないかと思ったので、他の部員たちが考えた様々なエンディングだったとしたら、どんな感じだったのだろうと考えながら、その日の夜を過ごしました。

また、本作品の主人公はニコラス・ケイジが演じているのですが、彼の演技にも注目です!
主人公の潔癖症な性格、それに伴うチックの症状など、それら全てを見事に自然に演じていて、本当に彼は演技が上手いんだな…とその演技力に改めて感動しました。

物語の最後にどんでん返しがある「マッチスティック・メン」
皆さまもぜひ一度観てみてください!

きっとあなたも騙されると思いますよ♪

…そして映画部諸君!
私はまだ「ホラー会」の開催を諦めていないからな…!!笑