「ダンボ」を見てきました! – 「映画部」 4月の活動報告

全国5000万人の映画ファンの皆様こんにちは(*^^)v
ゲットイット映画部4月の活動報告でございます。
まあ、私が書きますブログに関しては内容が薄いことご承知ください(笑)

今回の映画部、以下3候補の中から選択しました。

  • アリータ:バトル・エンジェル
  • キャプテン・マーベル
  • ダンボ

映画部では、何を観るかは部員の投票で決まります。
今回、投票の結果【ダンボ】を観ることに。

実写版 ダンボ
「映画.com」より引用(https://eiga.com/movie/88653/)

さて、映画部の活動としては映画を観ることも大事ですが、どこの映画館で観るかにもこだわりを出す時があります。
今回映画鑑賞に行きました映画館は、【TOHOシネマズ日本橋】での鑑賞です。
今回は、部員7名の他に飛び入り参加者3名の合計10名の大所帯!!
みなさん振ってのご参加お待ちしてます~

今回の映画、実写化された【ダンボ】ですが、私としましては子供のころよく観ていた記憶があります。
ですが、最後に観てから何年経過しているでしょうか・・・
当時はVHSで観ていた作品ですもんね。。
サーカスで飼われていた母親。
子供が産まれたらあら不思議!
なんて耳が大きな子供なの。。
その小象を中心にてんやわんやが起きる。
サーカスが壊滅的になるが…母を探す小象。。
最後は会えたんだっけな?

実写版ははしょられているところはありますが、ほぼストーリーどおりでした。

この映画、一言で表しますと・・・

気持がとっても平和になる映画

だと思いましたね。。

物語はダンボが産まれてくるところから始まります。
あ…こんな感じだったんだな~…と昔観たダンボを思い出しながら。。。

サーカスでのダンボの位置づけ、母との別れ。
涙…は出ませんでしたが。。。
実写版を観て思ってしまったこと、
耳が大きな像も実はいるのではないかな?
意外と違和感なく観れた気がします。。

私の評価としましては★4といった感じです。

今後の映画部、私は6月にアラジン、8月にライオンキングそれぞれを提案予定です。(勝手に予告)