経営発表会でリフレッシュ!

ゲットイットは、毎年年度末(3月末)に1年の振り返りと新しい年度の目標などを発表する経営発表会があります。
毎年、この時期に合わせて私は帰国をして、上司や同僚と顔を合わせて話し合いをしたり、仕事したりしています。
今年は、末っ子がまだ9カ月なのもあり無理かなと思っていたのですが、ある日ふと

「旦那に子供3人を1週間ほど見てもらえないかな?」

と思いつきました。
と言うのも、去年の11月頃から毎月のように旦那の出張があり(旦那の出張は一回が1-2週間と長く、、、)、
その上家の中では子供たちが発熱、風邪などを繰り返したり、大人にも移りと てんてこ舞いで、
ちょうど少しでもいいから母親業からのブレイクが欲しいなと思っていたところでした。

旦那に相談したところ、最初の反応は「え!?」でした。笑
(そりゃ、いきなり1週間も子供3人を一人で面倒みてくれ!って言われたら焦りますよね。笑)
が、何だかんだで、会社で同僚の有給の状況などを確認などしてくれて、結果OKしてました。

 

そして、3月末から1週間だけですが、1人で帰国しました。
それはそれは、荷物も身の回りも身軽で、常に子供たちの行動に気や声を張る必要もなく、正直に一言でいえば「楽!」でした。
帰国してからは、もちろん朝から夕方まで仕事をし、仕事後は(最も楽しみにしてた?)会社の同僚と飲み会をほぼ毎日しました!!

ドイツに引っ越してからは、飲み会などする機会が全くなく、
日本に帰国しても子供たちがいるので飲み会に参加などできるわけもなく。。。
滞在している所にわざわざ来てもらったりしていましたが、気を使わせてしまってたかなと思いながらも。
そしてこの同僚との飲み会?飲み歩き?が結構好きだった私には、またいつか!という思いが常にありました。

日本に到着した当日の夜から早速、同僚上司とワイワイ飲んで、
久しぶりだったのでワインに酔ってしまいましたが。。。洗濯物の話題などで大盛り上がりしたり。笑
その翌日が発表会でしたが、発表会の後にもこれまたすごく久しぶりのカラオケに行くこともできました。
月曜から水曜まで倉庫で棚卸とデスク仕事をし、仕事後は飲み会と十分すぎるほど楽しませてもらいました。
経営計画発表会後の会食
↑経営発表会後の食事会のひとこま

 

もちろん、飲み会だけでなく顔を合わせて仕事の話をできるのはやっぱりいいなとすごく感じました。
これは毎回感じることですが、私が普段ドイツからしているように顔を合わせずに仕事をすることも可能ですが、
合わせて話をしたり仕事をすることで踏み込んだ会話もできるし、相手の状況や気持ちも読み取ることもできるし、
やっぱり顔を合わせることにアドバンテージがかなりあります。

今回特に感じたのは、海外販売でやり取りのすることが多いメンバーと、
普段はチャットツールで淡々とやり取りをしているのですが、
今回は棚卸をしながらも海外の販売方法などなど色々と話しをすることができて、
相手がどんな人なのかもっと知ることができてすごく良かったなと感じました。

 

そして、毎年毎年十数人と人が増えているゲットイット、
私は毎年帰国をするたびに、浦島太郎のような感覚に陥ります。誰が誰だかさっぱりわかりません。
今年は、発表会で個人発表をしたのもあり、割と顔と名前を憶えられたのではないかなと思います。
全員とゆっくり話すことは無理でしたが、挨拶をしに来てくれたりと嬉しかったです。

この経営発表会の参加と、同僚上司との顔合わせ打ち合わせをすることによって、また今年度も1年頑張るぞと言う気になります。

 

1週間後ドイツに戻り子供たちと旦那が空港まで迎えに来てくれてました。
上のギャル2人は喜んで「ママー!」と抱き着いてくれましたが、
末っ子は1週間で私のことを忘れたらしく
抱っこしたら泣き出しました。笑 翌日も泣いてました。。。。(忘れるの早くない??)
3日目には元通りだったので、安心しました。

 

ドイツに戻ってきた日、到着したのが夕方だったので家に帰って子供たちを寝付かせて落ち着いたところで
旦那と1週間どうだった??と話し始めたところで家の電話が鳴り。。。

何かと思ったら、旦那の父親が脚を骨折した、翌日には手術をするという連絡が入りました。。。
その後は、会話の話題が父親のことや両親の家のことに移り、
結局1週間どうだったか聞くのも楽しみにしていたのですが、聞けずじまいになってしまいました。。。とほほ。
とりあえず、疲れたとだけは、聞けましたが。。
お父さんもなんというタイミングで骨折を。。。
翌日も旦那は有給を取っていたので、病院に付き添い、週末も病院にいって付き添いで、なんだか落ち着かない日常が戻ってきた感じです。

 

が、何はともあれ1週間でリフレッシュできた気がするので、仕事と育児とまた頑張れる気がします。
(でも、もちろん旦那にも引き続き育児、家事とガンガン頑張ってもらうつもりですが。笑)
そして、年に1、2回は今回みたいに上司・同僚たちとの飲み歩きしたい!