♪チム・チム・チェリー♪ – 「映画部」2月の活動報告

映画は7割方寝てしまう。。
はじめまして、映画部失格の新入部員のMです。
映画部に入って3回目の参加になりますが、3回中2回爆睡をかましていますが、今回はなんと寝ませんでした!
そんな記念すべき2月は、映画館で「メリー・ポピンズ・リターンズ」をみにいきました!

メリー・ポピンズ・リターンズ
映画.comより引用(https://eiga.com/movie/88652/)

メリー・ポピンズはみなさんもちろんご存知ですよね
みんな大好きあのディズニーが1964年に制作し、主演がジュリー・アンドリュースという素晴らしいミュージカル映画です。
生きていたら1回は耳にしたことのある、
チム・チム・チェリー」や「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(打つの大変・・・)」もこの映画の挿入歌!

名曲のオンパレード!!

特に「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」はいえるようになりたくて必死で練習していた思い出があります。。

さて、本題です。
メリー・ポピンズの舞台はロンドン。
空から飛んできた乳母のメリー・ポピンズが銀行勤めのバンクス一家を、魔法を使って不思議で楽しい体験に巻き込んでいき、
家族とは何か?本当の愛とは?というところに気づかせてくれるお話です。

そんな『メリー・ポピンズ』が51年ぶりに新作映画として帰ってきました!
それが今回観に行った『メリー・ポピンズ・リターンズ』なのです。
さっそくあらすじへgo

今回の物語は前作から20年後・・・。
前作の子供だったマイケルが親となり、父が働いていた銀行に勤めています。
しかし世は大恐慌時代・・・。
お金もなく妻も亡くしまい、家までもを失う大ピンチに!
そのとき、メリー・ポピンズが空から舞い降ります!
またメリーポピンズはバンクス一家の幸せを取り戻すことができるのか・・・!

 

物語のしょっぱなから歌いだすミュージカル。。ああ、最高。
メリー・ポピンズの織り成すミュージカルは本当に楽しくハッピーな気持ちにさせてくれる歌ばかりなのです。

前作は実写とアニメーションを融合させる手法が取り入れられており、
今はCGが当たり前に使われていますが、当時の映画界では画期的と言われていました。
私はそのシーンが特に印象にのこっていたので、続編はどんな映像になっているのか・・・?ごくり。
続編では、こんなに映像技術進歩しているの時代なのに、前作の雰囲気を生かしつつ、
新鮮でレトロでどこかノスタルジックな仕上がりになっていて、いい意味で裏切られました!
さすがディズニー様だなと。

ミュージカルのシーンはひたすら楽しく、見終わったあとはこのうえない幸福感と満足感でいっぱいでした!
ディズニー映画は忘れていた子供のころの心を思い出させてくれますね・・・
帰り道は部員のみんなと「チムチムチェリー」を歌ったことは言うまでもありません・・・。