EOSL保守用部材を多めに確保することで対処したい - EOSL保守事例

お客さま業種
通信系企業
メーカー
HP
対象機器
StrageWorks MSA 60、Integrity RX2660、Integrity RX2660、StrageWorks DAT160、ProLiant ML350 G6、ProLiant DL380 G7
保守内容
預託保守
保守期間
5年間
設置場所
東京

◆ゲットイットへのお問い合わせの経緯

古くから稼働しているシステムだが、重要な機密情報が多く、予算の関係もあり早急な更改が難しい。
保守用部材を多めに確保することで対処したいが、対応は可能かとお問い合わせをいただきました。

◆ゲットイットを利用する前に心配された点

メーカー生産終了品を潤沢に調達できるか

◆ゲットイットの対応

保守用部材を厚く確保したいとのことから、保守メニューの中でも
あらかじめ交換用パーツをお客さまご指定の場所に配備しておく、預託保守をご提案いたしました。
パーツが届くまでのタイムラグがないため、障害時にはダウンタイムを最小限に抑えるられること、
障害時に交換用パーツを使用した場合、弊社から新たに交換用のパーツを補充することから
パーツの交換などを行える方が社内にいらっしゃる企業さま向けの保守サービスです。

また、ご心配されていた、メーカー生産終了品を潤沢に調達できるかにつきましては、
ゲットイットが自信のある「調達力」についてご説明させていただきました。
弊社の倉庫規模や保有在庫について、国内調達・海外調達の事例をお伝えしたこともあり
不安に感じられていた点を一つ一つ解消し、ご依頼いただけることとなりました。

メーカーの保守が切れた!サーバー保守を延長したい!
ハードウェアのお困りごとは、ゲットイットにご相談ください!

今すぐカンタン無料相談!電話でスピード解決!

その他の製品や保守サービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。