続3:給料を公開するのか?

3日連続で取り留めもない記事を書いてきました。

僕が自然経営やホラクラシー
ティール組織に関する情報を集めているから
そう感じるのかもしれませんが、
経営をオープンにしている会社が
加速度的に増えてる気がしています。

僕が求職者だったら
経営が公開されていて
個性が尊重されていて
皆で自分の人生と社会を豊かにしていこうという会社
で働きたいとおもうし

そういう会社に魅力的な人財があつまるということは
自然な流れなきがしています。

個性の尊重という意味では個性的なメンバーがそろってるし
経営の公開についても半透明ぐらいまで進んできました。
残すところはあとちょっとでその1つが給与です。

まずは来週
4月からの来期に向けて
考えている事を皆に話して
3月を使って組織の在り方について
対話していきます。

「ゲットイットは給料を公開するのか?」
どこかで決定した事項についてかければと思います。

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼海外営業メンバー、外勤営業メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY