続2:給料を公開するのか?

今きづいたのですが
「給料を公開」するのか?
の問いが頭に思い浮かぶたびに
僕の思考は「それは正しいのか?」という問いと
セットになりがちです。

なぜこうする必要があるのか?
どうしてかという説明方向に行きがちです。

けど給与制度に正解なんてありません。
個々人で正解が違うと思います。

だとすると問いはそうではなく
「その先にある未来や組織はワクワクするのか?」
みたいな問いで考えたほうがいいのかもしれません。

「給料が公開」されてる会社ってどんな会社だろう。

6年前に、広島にある
株式会社21のガラス張り経営の本を読んだ時
給料公開は僕にとってはありえないことでした。

6年経った今、同じ給料ガラス張りが少し違って見えてきています。

代表:廣田 優輝
大学在学中に株式会社ゲットイットを創業。「自分の能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を大事にする会社にしたいと思い高い目標を掲げ挑戦中。

ゲットイットでは、現在以下の職種を募集しています。

※コロナ対策のため、当面の間web面接を実施しております。選考フロー、入社時期については今後の状況によりご相談の上変更となる場合がございます。予めご了承ください。

◆未経験職 ◆経験職

▼海外営業メンバー、外勤営業メンバーを積極採用中です!typeもしくは採用サイトよりご応募ください。
求人、転職サイトはtype

▼アカウントエンジニア(サーバーエンジニア)を積極採用中です!

▼募集要項の詳細や、ご応募・お問い合わせはこちらのサイトから
採用サイト WANTEDLY