年明け初!「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」 – 「映画部」1月の活動報告

「ラブライブは遊びじゃない!」
「スクールアイドルはくだらなくない!」

声を大にして言いたいですが、一部の人にしか伝わらないので普段は小声で呟いています。
どうも、映画部中堅部員のP(ぺーと読みます)です!
今回ブログ担当ではなかったのですが部長にお願いして書く権利をいただきました\(^o^)/

今回見た映画は、、、

ラブライブ

テレビアニメ終了から一年経ちファンにとっては待望の続編です!
簡単にこのアニメを説明するといわゆるスポ根だと私は思っています。
静岡県沼津にある女子高が舞台で、競技は実在するのかわかりませんが
“スクールアイドル”
というアイドル力を競う競技で、そこで全国大会優勝を目指す!
なんとも分かり易いストーリーですね!

このアニメの特徴は所々にダンスシーンとミュージカルのシーンがあることです。
一つ一つの楽曲が良い&楽曲数も多いので全部見終わったあとも延々と耳で楽しめます。
アニソン界のレジェンド畑亜貴さんが全曲作詞しているのでクオリティも高いです。
アイドル×アニメのコンボで朝聴けば毎日ハイテンションで過ごすことができます。

今回は全国大会が終わって3年生が引退した後のお話だったのですが
舞台はなんと卒業旅行先のイタリア。
田舎が舞台のアニメなのになんだかちょっとオシャレ仕様です。
映画では残った後輩メンバーが去っていた先輩から自立していく様子が描かれています。
私(たち)も何故か先輩側の立場から作品を見ていたので巣立つ鳥を見守る母鳥の心境でした。
映画のラストで後輩たちだけがステージに立っているシーンは感動です。
そして3年生が卒業してしまったことでファンもこのアニメから
卒業しなければならず、勝手に切ない気分にもなりました。

最後に”撮影タイム”に撮った主人公の写真を載せます。
あぁ名残り惜しい!!!

ラブライブ

※冒頭で「撮影タイムに撮影した写真は、SNSへのUPがOK」とコメントがありました。
※映画部ではアニメだけでなくジャンル問わず(ホラー以外)作品を楽しむことができます。