NAS ファイルサーバーからの復旧は可能か – データ復旧事例 – 株式会社ゲットイット

データ復旧事例

2021年09月15日
データ復旧事例

お客さま業種: 製造業
メーカー  : Buffalo
対象機器  : TeraStation TS3400DN

 

◆的確な見極めが問われる復旧作業

ファイルサーバーとして使用していたが、突然接続ができなくなった。Buffaloサポートへ確認したところ、ファームウェアの破損と診断された。当社で確認したところ、HDDに障害はないことがわかった。

●ゲットイットの作業内容
・HDDイメージを取得、データ分析。
・XFS Partitionの最初のLBA値を特定。データを確認。
・Raidの再構築時にLBA値を再設定し、復旧。

●エンジニアより
このタイプのストレージは、どこからデータ書き込みされているかを見極めることが大事です。ただ、ファイルの破損が確認されることもあります。その時は、HDD不良を疑ってみます。不良のHDDでRaid構築してしまうとファイルに破損ができてしまうため、的確に見極めて不良HDDを排除します。

 

ゲットイットのデータ復旧サービス

豊富な在庫部品と経験ある技術者による修理サービスを提供しています。