時間の使い方 – 株式会社ゲットイット

代表ブログ

2021年07月13日
代表ブログ

今日1日を振り返って
もし1日中、目の前にあった業務にのみ時間を使ってるなら
それって自分自身の成長=会社の成長にとって
良い働き方なのかは1人1人が考えた方が良いと思う。

 

7つの習慣では
錆びたノコギリで木を切るきこりに
「ノコギリを研いだら」というと「忙しくて研ぐ時間がない」という
例えで表現しているけど、
1日が終わる時に今日はどうやって時間を使ったんだろうと
考えてみて「目の前の仕事が忙しくて」、そんな気持ちで
1日を終えてたら

 

「お疲れ自分」って今日の頑張りを労いつつ
それって長期的にみると
あまりいい働き方ができてないということ
問い直してみるのも必要なんじゃないかと思うわけです。 

 

1人1人が急ぎじゃないけど重要な仕事にどれだけ時間を割けるのかは
自律分散経営では大事なポイントです。

廣田 優輝
廣田 優輝
1980年生まれ。東海大学在学中にゲットイットを創業。当初は中古機器のネット販売が中心だったが、法人ニーズに着目し、保守サービス等も手がけるようになった。「社員とその家族の幸せ」にフォーカスしたユニークな経営を志し、「第6回ホワイト企業大賞」特別賞を受賞。趣味はワインとサーフィン。ベーシストとしてメジャーリリースも経験。