富士通UNIXサーバの第三者保守は可能か? - EOSL保守事例 – 株式会社ゲットイット

EOSL保守(第三者保守)導入事例

2020年01月24日
EOSL保守(第三者保守)導入事例
お客さま業種
Sier
メーカー
富士通
対象機器
SPARC M10-1
保守内容
平日9-17時翌営業日オンサイト
保守期間
12ヶ月
設置場所
東京都

◆ゲットイットへのお問い合わせの経緯

富士通のUNIXサーバが保守切れを迎えるにあたり、第三者保守の対応が可能な企業を探していたとのことで、ホームページよりお問い合わせいただきました。

◆ゲットイットの対応

初めて第三者保守を活用されるお客さまであったことから、お客さまがご心配されていたメーカー保守との違いや対応範囲など、不安が解消されるまでご確認いただきました。
SPARC M10-1以外にも検討されていた機器についても、ゲットイットであれば全て対応出来る事をお伝えしたところ、全ての機器の保守を依頼をいただくことができました。

富士通サーバーの第三者保守について
お困りでしたら、ゲットイットにご相談ください。

今すぐカンタン無料相談!電話でスピード解決!

その他の製品や保守サービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ゲットイットのIT機器保守

ゲットイットでは、EOSL,第三者保守サービスを提供しています。
お気軽にお問い合わせください。