大切なことを大切にするということ – 株式会社ゲットイット

代表ブログ

2018年11月06日
代表ブログ

昨日23時ごろに家に帰りました。
そして今日は8時からミーティングがあり、その後の予定も埋まってるのでなんとか、自分の時間を作らないとと思い7時前には出社したかったのです。

7時前に出社するためには6時には家をでなければならず
結果「子供達の顔が見れない」という出来事が起きました。

僕は大抵7時〜8時の間に家を出るので朝は子供達にあってから会社に行くのですが、今日は子供達の寝顔を見ながら「もしこれが”毎日”で子供達に会えないんだったら働く意味なんてないよな」なんてことを考えました。

日々忙しくしていると「なんのために」働いてるのか?って忘れがちな問い
だと思っています。

ところが「もし1ヶ月後死ぬとしたらどう時間を使う?」とか
「死ぬ前に会社のことで思い出す事ってなんだろう?」とか考えると、
自分が本当に大切にしていることが”ちらっ”と顔を出したりて
そういうことを思い出す時間を日常の中で意識して持つことが
大切だなって思ったりします。

「大切なことは一番大切なことを一番大切にすること」
一番大切なこと一番大切にできてますか?

廣田 優輝
廣田 優輝
1980年生まれ。東海大学在学中にゲットイットを創業。当初は中古機器のネット販売が中心だったが、法人ニーズに着目し、保守サービス等も手がけるようになった。「社員とその家族の幸せ」にフォーカスしたユニークな経営を志し、「第6回ホワイト企業大賞」特別賞を受賞。趣味はワインとサーフィン。ベーシストとしてメジャーリリースも経験。