2019年01月15日
ヒヤリハット

高校生の時
ガソリンスタンドで働いていた時に
白バイ隊員さんがガソリンを入れにきて
「どうしたら捕まらないのか?」と
きいた時の話を今でもよく思い出します。

「100回違反してるからつかまるんだよ」
たしかこういうようなことを言っていたと思います。

普段からきちんとしてれば捕まらない
普段から違反してるといつかは捕まる
こんな風に捉えています。

仕事上のミスも同じです。
運が悪い初めの1回というケースもあるのかもしれませんが
ほとんどのケースはヒヤリとすることを
何百回とやった結果1回大目玉をくらう
こういう構造じゃ無いかと思っています。

だから「ヒヤリ」としたときに
きちんと仕組みを改めれるか、
「はぁ セーフ」と思うかで
そのあと大事故を起こすか決まる。
そんな風に思っています。

廣田 優輝
廣田 優輝
1980年生まれ。東海大学在学中にゲットイットを創業。当初は中古機器のネット販売が中心だったが、法人ニーズに着目し、保守サービス等も手がけるようになった。「社員とその家族の幸せ」にフォーカスしたユニークな経営を志し、「第6回ホワイト企業大賞」特別賞を受賞。趣味はワインとサーフィン。ベーシストとしてメジャーリリースも経験。