Proliant DL320 G5p、eServer xSeries 336、eServer xSeries 346、Sun Fire V240 のオンサイト保守

システムのハードウェアがEOLを迎えて

顧客概要:金融系システム会社
対象機器:Proliant DL320 G5p x1台、eServer xSeries 336 x1台、eServer xSeries 346 x1台、Sun Fire V240 x1台
保守内容:24時間365日受付、ログ解析後5時間駆けつけ目標オンサイト
保守期間:最低1年~
設置場所:東京、大阪

■お問い合わせされたきっかけ

某大手企業のインフラ管理を担うシステムのハードウェアがEOLを迎えてしばらくたっているが、アプリケーションはこのまま運用していきたい。ハードウェアにトラブルがおきるとサービスがダウンしてしまう為、このままの運用は不安が大きいのでハードウェアの保守をお願いしたい。

EOSL (End of Service Life ) 期限を迎えると通常メーカーは、保守パーツの提供や、保守サービスの提供を終了し、それ以降お客様は該当のサーバーやネットワーク機器に不具合が生じても、保守や部品交換、修理などのサービスは受けれません。

しかし、ゲットイットにはあらゆるメーカーの中古ネットワーク機器・サーバー・ワークステーションの在庫を豊富に取り扱い、業界15年以上の販売実績に基づいた経験と技術があります。

まずはお客様が現在抱える問題について、お気軽にお相談ください。

保守期間:最短一ヶ月から、ご要望や状況によって数年間対応することも可能です。

保守レベル:センドバック、先出しセンドバック、オンサイト(出張) など

対応エリア:全国対応。オンサイトは、基本的に首都圏近郊(東京、千葉、神奈川、埼玉)
及び大阪ですが、他地域に関してはご相談承ります。