TOP >  社長挨拶

社長挨拶

2001年にたった2畳、天井高1mの屋根裏部屋で社員数1名で登記したゲットイットは10年以上の月日を経て、社員とお取引各社、お客様に育てていただいたおかげで継続してくることができました。

2008年の冬 1冊の本を読んで雷に打たれた様な衝撃を受けたのを覚えています。

『企業にとって一番大切な事それは、そこで働く社員とその家族の幸せです。』

それまで、利益追及こそ企業の正しさと思いながら、利益を追求すればするほどそこで働く社員には「忙しい」や「あれがダメ これがダメ」と文句を言われ、何のために働いているんだろうと悩んでいた私はこのフレーズをみていたら涙が一晩中とまりませんでした。

それからどうしたらもっと会社が社員にとって楽しい場所になるのかを考え、さまざまなことにトライをしてきています。

まだまだ体面や見栄をプライドと勘違いしているような行動もあるかと思いますが自分も含めここで働く皆が「ゲットイットで働けてよかった」と思ってもらえるような会社を目指していけたらなと思い、日々経営しております。

廣田優輝
基本データ

生年月日:1980年8月10日 4児の父
卒業大学:東海大学政治経済学部政治学科

時間について大切にしていること

「ライフワークバランスでいかに短く働くのがいいか」という事に
フォーカスする働き方もあると思います。そういった考えも尊重したいです。
ただ、私自身は経営者としてどうせ一回きりの人生だったら
「いかに短く働くのがいいか?」ということにフォーカスするのではなく、
「自分の時間と能力を活かして好きなことに取り組み、全力で生きること」を
仕事でも仕事以外でも大切にしたいと思っています。

その一環として、まずは経営者自らが仕事と音楽の両方に本気で向き合っています。
ブルーヘアーズは「大人になってからのメジャーへの挑戦」という高い目標を
掲げているので、そこに共感し挑戦に参加しています。

週末の過ごし方

家族との時間を大切にしています。週末はまだ小さい4人の娘たちと一緒に公園に行ったり、海に行きサーフィンをしたり、料理をしたりしています。また、それ以外の時間は上記にも書きましたが全て音楽活動に費やしています。

好きな本

  • 「原因」と「結果」の法則
  • 日本で一番大切にしたい会社
  • 自分の小さな「箱」から脱出する方法
  • 道は開ける
経営の参考にしている会社

  • 未来工業
  • ネッツトヨタ南国
  • カヤック
  • セムコ(ブラジル)
  • 沖縄教育出版