All posts in 2015採用ブログ

こんにちは。
ゲットイット 新卒採用担当の榎本です。

連日続いていた雨から一転、すっかり夏らしい天気になりましたね。
スーツを着るのが憂鬱になるほど暑い毎日ですので、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

初めに1点アナウンスです。
ゲットイットの第一次応募書類受付の締切は7/31(金)です。
会社説明会参加時にご持参していただいても結構ですし、ご郵送でも受け付けております。
書類を受け取り次第、すぐに選考を進めさせていただきますので、ぜひご参加ください。

さて、前回はゲットイットの長所として「一緒に働く社員」を紹介させていただきましたが、
今回は別の側面から私たちのことをお話したいと思います。

 

2. 自分で考え、自分で決める
皆さんは会社で働くことについて、どんなイメージを持っていますか?
上司から指示されたことをやる。決められたマニュアルを基に仕事をする。
確かにこれらも仕事の一部かもしれません。

しかしゲットイットでは、マニュアルはほとんど(というよりも全く)ありませんし、
上司から指示を受けることも少ないです。

なぜか?というと、答えは簡単です。
「自分で考えて仕事をすること」が基本になっているからです。

お客様からお問い合わせを受けたら、それに応えるために何を確認すればいいか?
それを知るためには社内の誰に質問したらいいか?

入社してわからないことだらけでも、何をしたらいいかを自分で考えることはできます。
そのための方法は先輩や上司に聞けばいいのです。

ですので、先輩社員は質問されたことにはしっかり答えますが、はじめから指示を投げてくることはありません。
「あなたはどうしたいの?」という言葉が口癖になるほど、先輩社員は「新入社員自身の考え」を尊重します。

その環境が厳しいと感じる人もいるかもしれませんし、逆に自由にやれるから楽しいと感じる人もいるかもしれません。
しかし一つ言えるのは、そういった環境だからこそ、私たちはいつも「自分の意見」を持っているということです。

先日、会社のPR動画を作るためにインタビューを受ける機会がありました。
私は深く考えず、自分の思ったことを話したつもりですが、
インタビューが終わった後、質問者の方に驚いた様子で
「最近の20代の方ってみんなこうなんですか?さっきインタビューした方もそうでしたが、皆さん自分の考えをしっかり持っていますよね」と言われました。
自分のことを紹介するのは気恥ずかしいですが、あえて紹介しました。
もし機会があれば、PR動画、見てみてください。

また、意見を持つだけではなく、それを発言し、行動に移すことも必要です。

—————————————————————————————————————————————————————
「ここんとこどうなってるの? 誰かちゃんと考えてるの?」
と思うことが何度もありました。それを声に出すと、
「良い着眼点だね。どうにかしないととは思っていたけど、そこまで手が回っていなかった。せっかくだから、君がやってみる?」
と自分にお鉢が回ってきます。
好き放題やれて私は楽しかったですが、ぶらさがり思考の人には向かないかもしれませんね。
—————————————————————————————————————————————————————

これは、新卒2年目の社員の声です。

社員全員が、会社をよりよくするために、自ら手を挙げ実践する。
そういったことに私たちは日々取り組んでいます。
そこには、社長も新入社員も関係ありません。…驚くほどありません。
実際に、気になったことは直接社長に言いに行く風土です。

新入社員は自分が研修中にも関わらず、来年の研修制度について考え計画しています。
留学生は自分の強みを生かそうと、海外との架け橋になるべく、自ら勉強しています。
物流担当の社員は、営業のメンバーが仕事をしやすいようにと、
倉庫整理というプロジェクトを立ち上げ、社員を巻き込みながら、実践しています。

社員一人ひとりが、自分が「自分は何をしたいのか、会社のために何をすべきか」を考え、時にはユニット(部署)の垣根を越えて活躍しています。

そして、それが功を奏したときには、何ものにも代えがたい達成感があります。

上司に言われたことを正確に行う技術も必要です。
しかし、社会人として活躍するために一番大切なのは「自分で考え、行動に移すこと」だと私は思います。
そして、その能力はゲットイットで働くことで間違いなく培われ、磨かれていきます。

会社選びの前に、少しだけ「会社で働くということ」について考えてみませんか?
もしかしたら、それによって会社を見る目が少し変わってくるかもしれません。


こんにちは!新卒採用担当の榎本です。
気温差が激しく体調を崩しやすい時期ですが、皆さんは大丈夫ですか?

就職活動も佳境に入る中、体調管理を心掛けて無理なく頑張ってくださいね。

さて、現在就職活動で大変な思いをされている方も多いと思います。
中でも多い悩みは「どんな会社が自分に合っているかわからない」ということではないでしょうか。

数ある企業の中から自分に合いそうなところをピックアップし、いざ説明会に参加しても、
「思っていた会社と違かった」と感じてしまったら、それはとてももったいないないことだと思います。

皆さんの限りある時間を有意義に使っていただくために、こちらのブログで当社のことを正直に紹介したいと思っています。
紹介を読んで「自分とは合わなさそうだな」と感じられましたら、ご自分の時間を有意義に使えるよう、どうぞ他の企業様を探してください。

「そんなこと言ったって、きれいごと書くんでしょ!」
そう思われるかもしれません。
しかし、これから先のメールでもご紹介しますが、ゲットイットでは社員1人1人が経営に参加し、本音で話せる風土を大切にしています。
説明会でも質問があったらどんな内容でも聞いてください。

私たちは中古IT機器の保守・販売・修理などのサービスを通じて、お客様のIT機器に関する課題を解決する会社です。
しかし、私たちゲットイットの一番の魅力は「自分らしく働けること」だと考えています。
このブログやマイナビの配信メールにて、その理由を学生の皆さんにお伝えできたらと思います。

皆さんにとって「あ、こういう見方もあるのか」という内容になれば幸いです。

1.一緒に働く社員

皆さんは入社する会社を選ぶとき、どのような基準で判断していますか?
事業内容、給与、福利厚生など、色々な条件があると思います。
しかし、案外「一緒に働く人」に目を向ける人はいないのではないでしょうか。
というよりも、働いてみないとわからないと諦めていませんか?

私たちゲットイットでは、経験も性格も考え方も様々な人が同じ場所で働いています。
そんなのどこの会社でも一緒じゃない?と思われるかもしれませんが、
部署の垣根を越えて、毎日全社員と言葉を交わしている会社はあまりないと思います。

そして、どの社員に話を聞いても、「変わった人が多いよね(笑)」という言葉が返ってくるほど、
ゲットイットには「真面目」ということ以外は共通点がまるでない人たちばかりが集まっています。

そんな「変わった人」達と仕事をしていると、考え方の違いから話がなかなかまとまらず、苦労することも多いです。
しかし、だからこそ、「そういう考え方もできるのか」と驚かされることも多いのです。

そして、それが入社のきっかけになることもあります。
「面接官の方がとても気さくで親しみやすかったので、入社を決めた」
「尊敬できる人と出会うのに会社の規模は関係ないのだと実感できた」
どちらも新卒で入社した社員の言葉です。

中途入社ですが、6月1日に入社した伊藤さんの決め手も
「働いている人に若い方が多く、雰囲気がいいなと感じたこと」でした。

社員全員が同じ考えを持ち、同じ目標に向かっているわけではありません。
ただ、一人ひとりの社員がより良い会社にしていこうと、常に自分の言葉を発信しています。
本音でぶつかり合うことも多く、そんな会社は珍しいですよ、と他社の方に言われることもあります。
(時には社長とも言い合います!)

そのような環境が自分にとって働きやすいと感じる社員は多く、2014年度のゲットイット社員の定着率は90%です。

実際にどんな社員がいるのかは、ぜひ会社に来て確かめてください。
現在ゲットイットでは会社説明会を開催中です。
下記リンクよりぜひご応募ください。

マイナビ2016

皆さんのご参加をお待ちしております。


皆さん、こんにちは。
2016年度ゲットイット採用担当の榎本です。

いよいよ2016年度新卒採用が始まりました。

当社の事業内容や仕事の内容はマイナビにも掲載していますが、
こちらの採用ブログでは、当社の社員が普段のオフィスの様子、
各ユニットでどのような業務をこなしているのかをお伝えしていきたいと思います。

また、現在下記日程にて会社説明会の開催が決定しております。
5/22(金)
6/3(水)
6/17(水)

説明会では、ゲットイットの魅力や特徴のほか、選考フロー等に関しても詳しくお話しさせていただく予定です。
何より、直接当社に足を運ぶことで、「あぁ、ゲットイットはこんな会社なんだ」と実感していただくことができると思いますので、ちょっと気になる・・・と思った方でもお気軽にお越しください。

説明会へは、下記マイナビのページからご応募ください。

マイナビ2016

皆様のエントリー、ご応募を心よりお待ちしております。


こんにちは、検査ユニット所属の中村です。

今回の内容は「会社を自ら整えていく 」です。

弊社では、経営に関係する物事を”社長”取締役”などの役員だけで決めるのではなく、社員一人一人が経営に参加することを大切にしています。
そもそも、弊社に”社長”と”取締役”以外の役員はいません。
役員以外が9割の会社で、社員全員が経営に参加しています。

会社が会社として機能していくためには、日常の業務以外にも、それがしっかりと行われるための環境・制度が必要です。
それは福利厚生であったり、社内の風紀であったり、美化、採用、評価制度など、多岐にわたります。

仕事紹介では主に営業、物流、検査、サポートのユニットをあげていますが、実際に行っている内容はそれだけに限られません。
私も検査ユニット所属でありながら採用の仕事をしています。
他にも、社員の評価制度を決めたり、社内環境を整備したり、エコアクション21の取得に向けて活動したり、多くのことに携わっています。
様々な面で経営に参加していると言えますし、それが実際求められる環境にあります。

会社にとって重要な決めごとを、社員たちで決めていくという環境は少ないのではないでしょうか。
その分、プレッシャーもありますが、誇りであり、やりがいだと思えます。

皆さんも、もし興味をもたれて選考に進んでいただく際には、
事業内容以外にも、会社を「こうしていきたい」「こうしたらいいんじゃないか」と考えてみてください。
そして実際に一緒に会社を環境を良くしていく仲間になってもらえたらとてもうれしいです。

読んでくださりありがとうございました。

中村


こんにちは、採用担当の本間です。
弊社は3月が決算月のため、あと20数日間程度が踏ん張りどきです。
最近はありがたいことに忙しくバタバタとしております。

そんな中、厚生労働省 東京労働局・都内ハローワーク主催の、合同面接会に参加いたします。
新卒者(平成27年3月大学等卒業予定者)及び35歳未満の方を対象とした面接会です。

「まだ間に合う、4月入社!面接会」

< 参加日時 >
平成27年3月5日(木)第1部 13:00~16:00(受付 12:30~15:30)
※3月5日(木)第2部 および 3月6日(金)第1部・第2部には参加しておりません。

< 場所 >
新宿エルタワー30階 「サンスカイルーム」(新宿区西新宿1-6-1 ※新宿駅西口徒歩3分)

< 対象者 >
・平成27年3月大学等卒業予定者
・35歳未満の方

< 参加方法 >
・履歴書、職務経歴書を、面接希望企業数分お持ちください。
・参加申込書をご記入のうえ、お持ちください。
・事前予約不要・参加費無料・入退場自由

4月入社を目指して就職活動中の方は、是非、明日の面接会でお会いしましょう。


こんにちは。採用担当の本間です。
いつも説明会では「会社の特色」として、下記の5つを挙げています。

1)朝礼
2)クレド
3)多面考課制度
4)障害者雇用・高齢者雇用
5)試用期間6ヶ月

説明会では時間の都合上、さらっと進めてしまうことも多いですが、”特色”といって挙げているからには、普段重んじている内容でもあります。

いつも説明会では言いきれないことを、少しずつここで埋めていければと思います。
今日は1)の朝礼について、ブログを書いていきます。
(私は朝礼大好きなので、他のスタッフが思っているより熱い内容になってしまうかもしれません。)

「朝礼」は、おそらく誰もが大人になるまでに経験しているものではないでしょうか。
学生時代の朝礼は、体育館に全員集合して、ながーい校長先生のお話を聞いたり、曜日によって教室で読書をしたり、日直の話があったり…。
社会人の朝礼って、どんなものでしょう?

今PCからこのブログを見ている人は、是非、「社会人」「朝礼」で検索してみてください。
なんて出てきますか?
「**に関する一分間スピーチ」とか「朝礼の一言まとめ」とか「ラジオ体操」とか「困るよね毎日の朝礼!掲示板」とか色々でてきてちょっとおもしろいですよね。
日本の多くの会社が朝礼をしています。内容は様々。もちろん、やる頻度も月一とか、週一とか、毎日とか、会社によって色々です。

ゲットイットの朝礼は、月・水・木・金と週に4日あります。
でも週4になったのもつい最近で、それまでは毎日行っていました。
今は火曜日は、スタッフ全員で清掃の時間にあてています。
これは一部のスタッフから「お客様や取引先がご来社された際、少しでも綺麗にしておくための時間を作ろう」とい意見が上がった結果です。
今は週4ですが、もしかしたら来年には、もっと会社をよりよくするために朝礼の中身が変わるかもしれません。

原則、朝礼には全員参加です。原則というのは、取引先に直行のスケジュールだったり、来客が入っていたり、事務所の電話当番だったりと理由がある人もいるからです。

月曜日は各ユニットで集まり、目標と仕事の振り返りの話をします。
水曜日・木曜日はランダムにグループを作り、テーマに沿ったセッションをします。
金曜日は、【エコアクション21】という、会社の取り組みに向っての話し合いや進捗報告などに時間を作っています。このエコアクション21の取り組みについては、今度別のブログで紹介しようと思うので今回は割愛しますね。
業務連絡は毎日行います。入荷・出荷の件数や注意事項、進捗報告、重要なお知らせ。

朝礼の司会進行は、毎年その新入社員が当番制で行っています。
私の代は4人もいるので当番も比較的楽でしたが、今年の新入社員は2人なので日替わりですね。毎日がんばってます。
水・木のセッションのテーマは、司会進行に決める権利があります。先週は、「やりたいけどなかなか出来なかったこと」と「最近言われて嬉しかったこと」でした。いわゆる雑談です。
別にセッションだけじゃなく、司会進行が決めた内容であればなんでもOKです。名刺の交換の仕方の練習もやりましたし、ひたすらお互いのいいところをあげていくといった内容もしました。個人的には、英語・中国語・韓国語・ドイツ語・ポルトガル語と、スタッフに外国語が得意なメンバーが何名もいるので、いつか10分で外国語教室もやってほしいなと思っています。あとは発声練習と早口言葉とかもしたいです。(私は演劇部だったので、こういった基礎練習が大好きです。)

朝礼は10:00~終了まで(おおよそ15分~20分くらい)。
そんな雑談みたいな内容で朝あつまるの?と、思いますか?
まあ仕事の時間を少しでも割いてるので、思うかもしれませんね。正直私も、自分の仕事が忙しくて火の車の時は、「朝礼出ていられない!!!」と嘆くときもあります。
それでも、私はこの朝礼があってよかったなと思うし、これからも続けていきたいとも思います。

前回までのブログに、職種紹介「営業・物流・検査」があがっていますが、読んでくれましたか?(頑張ったので、是非読んでください。)
そこにも書いてありましたが、それぞれ普段メインで働いている場所が違います。建物は一緒ですが、仕事時間の8割くらいは会いもしません。
それに、まだブログ上での紹介をしていませんが、ゲットイットには高齢者雇用・障害者雇用枠で働いているスタッフ(機器の解体をしています)も、また違う場所にいます。
建物内なので、各々すれ違いますけど、そこで立ち止まって長話などできません。
でも、仕事内容の話しか出来ない相手と働くのってツマンナイじゃないですか!

たとえばの話。ゲットイットは家庭持ちのスタッフが多いのですが、みんな親バカです。
「あ、そういえばお子さんそろそろ誕生日ですよね、今年は何をあげるんですか?」とか
「時代は妖怪ウォッチですけど、**君もやっぱり好きですか?」とか
そういう話をすると、ニコニコして返事をしてくれます。

営業ユニットの先輩が仕事につまってため息をしているときに、さっと彼女の好きなお菓子をプレゼントしたり、はたまた好きな福山雅治の話をはさんだり…すると少し力が抜けて、リフレッシュになると思いませんか?(と、思って私はやってます。)

もちろん仕事がハイパー忙しい時にこんな話はしませんが、あいさつに+αでこういう話をするのってコミュニケーションの力の一つだと思うんです。

あとは複数人のグループでセッションをすると、ものすごく「会話力」が磨かれます。
私は元々おしゃべりな方ですが、スタッフの中には寡黙な人も結構います。
自分の会話をしつつ、相手の話を聞き出したり、そこからまた別の人に会話を振ったり。
これを、よりナチュラルに行うこと、そして会話に笑いを起こすこと、結構むずかしくて、良い訓練です。反対から言うと、普段会話が苦手な人は、まず身内とのそれとない会話から、苦手を克服してもらいたいです。

コミュニケーション能力って、仕事でもプライベートでも重要です。
営業職はもちろん、技術・物流の仕事も、社外の人間と話す機会はたくさんあります。
物流は引き上げのトラック手配や、直接お客様もとに納品などの仕事もありますし、技術はメーカーのカスタマーセンターに問い合わせをしたり、お客様元へ修理の作業に行くこともあります。こういった朝礼を積み重ねて、少しでも、コミュニケーション能力を高めてもらえたら嬉しいですし、私ももっともっと磨いていきたいです。

では、今日はここまで。


こんにちは。
採用担当の中村です。
通常は検査ユニットに所属しています。

本日は検査ユニットの紹介をさせてもらいます。

私たち検査ユニットが日ごろ業務を行っている場所は
営業ユニットの事務所や物流が走り回る建物と同じ場所にありますが、
他ユニットの皆とは別のフロアで基本仕事をしています。

周りに大小様々なIT機器に囲まれて、何かしらの稼働音が常に聞こえるような場所です。
そちらで現在、男性スタッフ5人で検査業務を行っています。

業務としては、主に「出荷検査」と「入荷検査」があります。

出荷検査は、お客様からご依頼された商品を、ご要望に沿ってパーツを組みかえたり、ソフトを入れたりしています。
また、中古を多く扱っていますので、それら商品が問題なく使用できるかどうかを検査します。
中には操作方法がむずかしい機器もあり、
問題なくお客様に使用していただける段階にするまでに苦労することも多々あります。

入荷検査は名前の通り、入荷してきた商品がどういう状態かを確認するものです。
その結果次第で、商品を提供してくださったお客様へのお支払い額(査定の最終金額)や、
次の出荷に活かされる在庫情報にも影響を与えるので、どちらも重要な仕事です。

と、おおまかに説明していますが、
それ以外にも、お客様からの様々なご依頼内容・機器に対応していますので、とても全ては言いきれません。
そのため、「社内連携をとり、正確かつ迅速に作業をすること」「日々新しいことが求められる中でも考え続け答えを出すこと」が
とても重要になるのではないかと思います。

出した答えが違うこともありますが、それを糧にして、「より良くしていこう」と考えられる方であれば、
検査ユニットに限らず他ユニットでも活躍していけると思います。

また、IT機器に興味がある方は勿論、まだ興味があまりない方も、是非一度弊社に来て頂けたらと思います。
きっとワクワクしてもらえるはずです。

「ゲットイットに入りたい」と思ってくださる方と
一緒に会社をより良くしていきたいと思いますので、
興味をもたれた方は説明会情報をチェックしてみてください。

読んでくださりありがとうございました。


こんにちわ。採用担当の本間です。

いつも採用担当をやっていて、ちょっと困ることがあります。
それは、ゲットイットIT事業部の仕事内容が説明し難いということ。
もちろん、この業界の人に説明するのは何の問題もないのですが、
そうでない方へうまく伝える時は、少し悩みます。

ゲットイットの仕事を一言で言うと、”法人向けIT機器(ハードウェア)の販売・レンタル・保守・修理”。
でも、この言葉で仕事のイメージがつきますか?

法人向けIT機器?
ハードウェア?
保守?

こう言った言葉は、実際IT機器を使ってる人じゃないとチンプンカンプンですよね。
私も、全く違う業界にいる友人や家族には、いろいろ端折って「IT機器の中古屋で働いてる」といってしまいます。
そうして、実家に帰るたびに父親に「何で中古なのに需要があるんだ、新品のがいいに決まってるだろ」と言われます。
私の父は新品のIT機器が大好きで、スマートフォンとかタブレットとか、発売後にすぐ手を出す人です。
マニュアル本買って一生懸命勉強をするけど、結局使いこなせず、いつも私にお下がりがきます。それは結構嬉しい話。

さて、この「新品の方が中古よりいいに決まってるだろ!」というのは、あくまで私の父の意見。
確かに、年々”軽く!安く!容量大きく!”とIT機器の進化はすさまじく、毎年何かしらの新作が発表され、ライフスタイルはみるみる変わっていきます。
20年前の携帯電話は斜めがけのバッグみたいだったのに、今じゃ厚さ1cmの片手で持てるサイズでびっくりしますね。

じゃあ、なぜ”中古”のIT機器に需要があるのか。
これは”お問い合わせあるある”を話すと、かなり分かりやすいと思います。

その話をする前に、これを知っていればもっと話が分かりやすくなるというのが「メーカー保証の存在」。

みなさん、最近何か物を買いましたか?家電でも、ゲームでもいいです。
買うと、必ず「保証書」が付いてきて、”保証期間:(お買い上げ日から)**年間”と書いてありますね。
新品を買うと、メーカーがある程度”保証”をしてくれます。
今私の手元にある保証書をよく見ると、「この保証書は、保証期間中故障が発生した場合には、無料で修理を行うことをお約束するものです。」と書かれています。
故意じゃ駄目ですが、買ってしばらくして壊れちゃったとしても、メーカーが代替品を送ってくれたり、直しに来てくれるということですね。
保証書をさらによく見ると、「保証期間経過後の修理などについては、カスタマーサポートセンターにお問い合わせください。」と書かれています。
なんだ、保証期間過ぎてもサポートしてくれるんだ・・・!と思いきや、実はこのサポート自体にも、書かれていない期限があったりするんです。
もちろん、メーカーはどんどん新作を作らなければいけないので、古い製品はある程度時間がたてば製造中止しますよね、なので、同じものを買うことも出来なかったりします。
そしてメーカーは、お客様に新作を買ってもらいたいので、何時まで経っても昔の製品のサポートをしてはいられないんです。

この、「メーカーが販売(製造)を中止した」「メーカーがサポートを終了した」というのを、EoS(End of Sale)、EOL(End of Life)といいます。まとめて、EOSL(End of Service Life)ともいいます。

では、”あるある”に入っていきます。

1)プロジェクトを練っていたら、完成したときにはEOSLになっちゃった。

アプリ開発など、ソフトウェアの製作をする会社の方からのお問い合わせでよくある話です。
「プロジェクト開始から実際の検証・運用までに時間がかかりすぎて、気が付いたらメーカーから買えなくなっちゃったけど、予算とか今さら変更もできないし、もう後戻りはできない・・・」とのこと。
よく聞く、「開発に**年かかりました!」という話の裏側です。
新品が買えないなら中古を買うかレンタルするかしかないですよね。

2)使ってる機械がEOSLを迎えたけど、今すぐ全部を新しくするのは無理!

工場のシステムや、会社のシステム・・・すでに組まれて使われているシステムを変えるのは簡単じゃありません。
次のシステムに移行するまでに、システムを新しい機械で作りなおす時間とか、莫大なお金とか、いろいろかかります。
それに、新しくシステムを作るより今までうまくいってたシステムを少しでも長く使いたい、という意見もあります。
あとは新品一式を買うより、壊れたパーツだけを中古で買う方がお金が安くすむからそっちの方がいいという声もあります。
1台の機器を新しくするだけで済むならいいですが、システム全部となると全部の台数交換しなければいけないなど、
すぐに新品に移行できない理由が色々事情があるようです。

3)使っているソフトが新しい機械じゃ使えない・・・。

最近、Windows XP のサポートが終了して、ニュースでも実際のお問い合わせでも結構見たのが「ソフトの理由で変えられない」ということ。
この、”この時代の機械までしか使えないソフト”を使い続けているお客様が、結構いるんです。
ゲームで例えると分かりやすいかなと思うのですが、新しいハードが出ると、今までのハードのソフトが使えないことがありますよね。
ある程度互換性があったりしますが、実際、私が小学校の時にはまったゲームを今やるためには、中古ゲーム屋でハードとソフトを買うしかないんです。

4)大至急!新品取寄せてる時間がない!!!

EOSL製品でなくても、新品を取寄せるのに時間がかかるため、とりあえず中古でいいから急ぎで欲しい、というのもよくある話です。
世の中には一瞬たりとも止まっては困る機械が結構あるそうで、たとえば24時間営業のお店の機械や、電力会社などエネルギー関係の機械。
IT機器の新品は、ネットで買えば翌日届くものではなく、頼んでから出荷されるまで1週間~3週間掛かることもざらにあります。
ゲットイットは日本一の在庫数を誇っている会社なので、至急のご依頼は毎日のようにあります。

まだまだ他にも、色々な実例があります。

最後に。最近、取引先から面白い話を聞きました。
「中古品は、”一度正常に動いていることが確かめられている製品”だから、新品を買うより動作は保証されている。」
妙に納得されました。確かに、中古品で出回っているものは、”初期不良”を通り過ぎた猛者たちですね。

今日のブログは長くなりました。
でも、少しでも、なんとなくでも、ゲットイットの仕事のイメージがつかめたら良いなと思います。


こんにちは、新卒採用担当の本間です。

今日のブログは”若者応援企業”について少し説明します。
弊社への選考を考えている方もそうでない方も、就活をする上で知っていて損はないので、是非知識として持っていてください。

“若者応援企業”という言葉、聞いたことがありますか?
「新卒採用やっている企業は全部そうじゃないの?」と思うかもしれません。
この”若者応援企業”という言葉、実は勝手に名乗っていいものではないんです。
厚生労働省・東京労働局から、認められないといけません。

“若者応援企業宣言”とは、厚生労働省の事業の一つです。
厚生労働省の言葉を丸々借りると、以下の説明が書かれています。

“若者応援企業宣言”とは、一定の労務管理の体制が整備されており、
若者(35歳未満)を採用・育成のためハローワークに求人を提出し、
通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を公表する中小・中堅企業を「若者応援企業」として、
積極的にマッチングやPR等を行う事業です。

では、”若者応援企業”と名乗る企業は、何をクリアしているのか。

1:若者を積極的に正社員として採用・育成していること。
2:就職関連情報(※)を開示していること。
 ※1:社内教育、キャリアアップ制度等
  2:過去3年度分の新卒者の採用実績及び定着状況
  3:過去3年度分の新卒者以外の正規雇用労働者(35歳未満)の採用実績と定着状況
  4:前年度の有給休暇および育児休業の実績
  5:前年度の所定外労働時間(月平均)の実績 など
3:労働関係法令違反をしていないこと。
4:過去1年間に、事業主都合による解雇または退職勧奨を行っていないこと。
5:過去3年間に、新規学卒者に対する採用内定取消を行っていないこと。
6:各種助成金の不支給措置を受けていないこと。
7:”若者応援企業宣言”の事業目的に賛同していること。

この7つの条件をクリアして、ようやく”若者応援企業”と宣言できます。

合同説明会に参加すると、他企業様のブースにも”若者応援企業”と大きく書かれていたりするのを見ます。
ゲットイットも、タイトル通り”若者応援企業”と宣言しています。
今まで「若者応援企業って何ですか?」と就活中の方から聞かれたことは一回もありませんが、
聞かれたら上の内容をきちんと説明できるような採用担当であり続けますね。


こんにちは、新卒採用担当の本間です。

今日も雪が降りましたね。
布団から出るのもつらいほどの厳しい寒さでしたが、風邪をひかないよう、あったかい格好をして出社しました。

私は普段、営業ユニットに所属しています。
皆さんは「営業」と聞くとどんなイメージを持つでしょうか。
スーツを着て、汗をかきながら外回りをして、笑顔全快で仕事をする、そんなイメージですか?

冒頭で、”あったかい格好”と記載しましたが、ゲットイットは基本服装は自由です。
もちろん、お客様のもとへ訪問したり、お客様をお迎えしたりする際など、必要に応じてスーツを着ることもあります。
人によっては、ほぼ毎日スーツを着ている方もいますが、ほとんどの人は好きな格好をしてきています。
ちなみに私は今日、紺の花柄のスカートに紺のカシミヤセーター、グレーのタイツに紺の靴下、紺のシュシュで髪を一つに結んでます。
私の後ろの席の人は、今日は黒のデニムに真っ青なセーター(クッキーモンスターみたいな色)、ボブの黒髪パーマでとてもかわいらしいです。
営業ユニットは女性が5人、男性が2人と少し女性が多いので、私は私服・私物を見るをこっそり楽しみにしています。

営業の仕事をおおざっぱに言うと「お客様とのやりとり」です。
ゲットイットには、この本社サイトと、”IT Express“というECサイトがあるのですが、多くのお客様はどちらかのサイトを見て、IT機器に関するお問い合わせをしてくださいます。

「この製品ありますか?」
「このパーツさがしてます。」
「使ってる機械が壊れちゃったんですけど…」
「処分したい機械があるので買ってもらえませんか?」
などなど。

営業は、こういったお客様のご要望を、どうやったら叶えられるか、考えて、必要な金額を見積り納期を予測し、回答します。
注文がきたら、お客様のスケジュールに合わせて納品できるよう、他のユニットのスタッフに指示をだします。
もちろん、納品が終了したら、次またご注文いただけるように努力するのも営業のきちんとした仕事です。

営業の中でも私は「国内営業販売の担当」をしています。
「国内」があるなら「海外」もあり、「販売」があるなら「仕入」もあります。

海外営業のメンバーには、日本国内にいるスタッフのほかに、中国・ドイツにも駐在のスタッフがいます。
海外駐在のメンバーがいることはゲットイットの強さです。
時差に関係なくリアルタイムで海外とやりとりが出来ること、これは海外にスタッフがいるからこそ出来ることです。
国内のお客様と海外のお客様の違いは言語と時差だけではありません。
たとえば、日本人の多くは「中古」でも綺麗なものを求めようとします。海外の方は「中古」なら使えればいいという人も多いです。
国内営業も海外営業も、仕事は似ているけれど、内容は全く違ってどちらもやりがいがありますよ。

最後に、関口が物流紹介の際、「物流に求められる能力」を書いていたので、私も少し考えてみました。

<営業として働く上で求められるもの>

1)コミュニケーション能力
営業は、対社外、対社内、どちらに対してもコミュニケーションをします。
お客様から注文をいただくためにはお客様の要望を聞き出す力が必要だし、お客様へ物を納品するには社内のスタッフへお願をする力が必要です。
愛嬌もコミュニケーション能力に入るかな?今いる営業のメンバーは、みんな明るく元気です。

2)好奇心
よく聞かれるのがIT機器への知識はいりますか?とのこと、正直言えば知識は営業にとって必要です。
ただし、最初からオタクでいてほしいわけではなく、日々の仕事から少しずつ興味を持って色々なことを覚えて欲しいです。
私は会社に入るまではIT機器の知識はほぼなく、ソルティアくらいしかできませんでした。
知識はあればあるほど営業力となるので、日々宝探しと思って仕事をしています。

3)自分で考える力
ゲットイットの営業は、かなりスピーディーに物事をこなしています。
なぜなら、問い合わせの数が多いから、そして、急いでいるお客様が多いから。
もちろん分からないことを分からないまま投げやりで仕事をするわけにはいきませんが、
何でもかんでも先輩や上司に質問をしていたのでは取れる仕事も取れなくなってしまいます。
ある程度、自分で考えて答えを出す、これをとにかくこなしていってもらいたいです。

求める能力と3つあげましたが、これを最初から求めているわけではありません。
入社してからの研修期間に基礎知識・方法はみっちり教えますし、私だっていまだに分からないことだらけで人に質問もします。
一緒に、成長して行きましょう。

よろしくお願いします。