卓上遊戯倶楽部の10月活動報告

こんにちは。
今回はゲスト含め計7名で活動を行いました。
活動日:10月26日(木) 19時~22時

もともとの参加予定人数は10名ほどと多めだったため、区民館の和室を借りての活動です。

所用で少し遅れて参加したところ、先に着いていた3人で何やらすでにゲームをスタートしています。
見ると、最近我らの財産(所有ゲーム)に加わったばかりの『デジャヴ』でした。
前回の活動で遊びましたが、自分の記憶力の衰えを痛感させられる楽しくもかなしいゲームです。
1ゲームで3ラウンド行うのですが、3ラウンド目になってくるともはや1・2ラウンド目で出てきたカードなのか、
今回2枚目が出てきたのか、わからなくなってきます(ルール詳細は前回のブログをご参照ください)。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

しかも2ラウンド目以降、なぜだか山札をめくるスピードはどんどん上がっていきます。
もはや描かれている絵をすべて見きれていないのではないかというスピードです。
そのスピード感がまた気持ちを盛り上げるのですが。

そして参加者は2タイプに分かれていきます。取りあえず取ってみる「直感に従うタイプ」と、
そうかもと思ってもとりあえず取らないでおく(※)「慎重派タイプ」。
※最後の答え合わせの前に、「やっぱりこれ取っておこう」ということができます。
その最後にとった1枚のせいで、負けることもよくあります。
人の性格が出ておもしろい~と思いながら、私は絶対にカギのカードだけは取りたい!
と狙って結局負けちゃいました…。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1

ほかには、なつかしのクク21、Dixit、ピクテルをやりました。
クク21は、まだ慣れていない参加者の「汝、滅びよ」が聞けて、それがまた
ゆっくりと平坦なトーンで言うものだから、妙な迫力があって思わず笑っちゃいました。

 

色々な人の「ニャー」と「汝、滅びよ」を聞きたいので、
今後も新たな参加者が増えることを期待しています。ぜひぜひ。