就職活動が辛い!

就職活動を始めて2,3ヶ月が経ち「もう就活したくない」と思ったことがある人はたくさんいると思います。
書類選考は通らない、たまに通っても面接で落ちて、また書類を出して、、、、
そんな時間を過ごしていれば辛いと思うのは普通だと思います。

先日、採用セッションに参加してきたのですが「何故就活したくなくなるのか?」
ということについて改めて学生さんたちの声を聞いてきました。
人それぞれ理由は違って
・そもそもスーツを着たくない
・無理に企業に合わすことに違和感がある
・同じような回答が求められる面接が嫌だ
・就活が茶番に思える
他にもたくさんありましたが「表面的な選考ではなくて本質的なところを見て欲しい」
というのが学生さんの本音なのかな、というのが私の感想です。
でもよく考えてみれば企業側も「表面的な選考ではなくて求職者の本質的な部分をみたい」
と思っているので悩みは同じです。

さて、少し遠回りをしましたが結局のところ就職活動が
辛いのは「やっても結果がでないから」だと思います。

書類で落ちてしまうのは諦めるのも一つです。
作り方を工夫することはできますが事実以上のことを書くことは
できませんし、企業側も書類で本質を見抜くのは難しいです。

しかし、面接で落ちてしまうのは自分の良さを企業が見てくれていないからではないです。
完璧超人を求めている企業ならいざ知らず、活躍できる人=自社の募集ポジションに合う人を
求めているだけであって候補者の良いところもそうでない部分も見ようとしています。

面接という限られた場でしか会えないからこそ、そこで企業側に
評価できる材料を提供するのは候補者の責任かな、とも思います。

なかなか結果が出ず就職活動が嫌になり始めた方、
一度「自分の良いところはどこだったのか?」
立ち止まって考え直してみるといいかもしれません。

(採用担当:加藤)