自分に合った会社で働く

こんにちは。今回は働く環境について少しお話しいたします。

現在転職を考えている皆さんは何かしら、今の職場で変えたい事、があると思います。
中途採用の面接では必ず転職理由を聞きますが
・「残業が多い」「休みが取れない」等働く時間に関するもの
・「残業代が出ない」「昇給しない」「賞与がない」等給与に関すること
は殆どの方が口にします。
そんな候補者が多いので懸念事項を払拭するために
「うちの会社はホワイト企業です!」と面接中に宣言してしまうこともよくあります。
少なくとも上に挙げた転職理由はうちの会社に入れば解消できますし、
一般的にみてもホワイト企業だと言って間違いありません。
ではホワイト企業で働きたい!と思っていた人が実際にホワイト企業に転職したら
それで満足かと聞かれるとそれは一概に
yesとは言えません。
面接でなくとも転職を考えている人の話を聞くと「もっとホワイトな会社で働きたい」
という言葉はよく耳にしますが「ホワイト企業で働けている!万歳!」
と思いながら働いている会社員は世の中には少ないと思います。
不思議なものでその環境に慣れるとそれが普通に思えてくるのです。

この段階になると雇用条件よりも他のことが気になり始めます。
仕事内容、やりがい、会社の風土等、挙げればきりがありません。

転職活動を始めて時間が経つと、当初の目的を見失って、最終的には
内定が出た企業の中から一番勤務条件が良さそうなところに決める。
とういのはよくあるパターンかと思います。
勿論それはそれで重要なのですが、自身が転職先に求めているものが何か、
どんな働き方がしたいか、この会社のどの部分が自分に合いそうと思ったか、
今一度考えて転職活動に臨んで欲しいと思います。
(採用担当:加藤)